ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

NTTドコモ、下り最大150MbpsのLTEサービスを2013年10月に開始する予定、7月末より神奈川県の一部で試験を実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NTTドコモは7月26日、LTE方式のデータ通信サービス「Xi(クロッシィ)」における下り最大150Mbpsの商用サービスの開始に向けて、7月30日より神奈川県の一部区域で試験サービスを実施すると発表しました。NTTドコモは以前より2013年度内に東名阪バンド20MHz x 2による下り最大150MbpsのLTEサービスを開始すると言ってますが、今回の発表の中で、商用サービスを今年10月に開始する予定であることを明らかにしました。現在は全国の130都市の一部エリアで提供中の下り最大112.5Mbps/上り最大37.5MbpsのLTEサービスが同社のサービスとしては最速になりますが、新サービスの開始により、上下の速度は下り最大150Mbps/上り最大50Mbpsへとアップシます。このサービスを利用するために1800MHz帯のLTE cat 4をサポートした機種が必要になってきますが、NTTドコモは10月以降に発売する機種の一部で対応する予定と述べています。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
「Moto X」では、“Moto Magic Glass”や”積層型アルミニウム構造”、“Dual LTE MIMO Smartアンテナ”が採用されているらしい
iFixitによるChromecastの分解レポートが公開、Marvell製SoC/512MB RAM/4GB ROMを搭載、通信チップはBluetooth/FMもサポート
米国のGoogle Playストアでも新型Nexus 7の販売が開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP