体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いったい、誰のためにお金を借りていたのだろう?

いったい、誰のためにお金を借りていたのだろう?

今回はtom-wさんのブログ『まっしろなブログ』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/387026をごらんください。

いったい、誰のためにお金を借りていたのだろう?

先日BLOGOS上で「奨学金」という名の学生ローン 1,000万円超す借金抱える若者も*1、という記事が話題になりました。

*1:「「奨学金」という名の学生ローン 1,000万円超す借金抱える若者も」 2013年07月14日 『BLOGOS』
http://blogos.com/article/66266/

奨学金を利用している学生や、返済に困っている社会人が「教育の機会均等」を訴えてデモを起こしたというものです。

まずは奨学金を「学生ローン」に

記事内の写真の見出しに

「日本の奨学金は借金だ」。制度の本質をついたプラカードが目についた。

というものがありまして、本質というか、もう当たり前の話だよね。という感じです。当然ネットでの反応も、「奨学金は借金に決まってんじゃねーか、お前が自分で借りたんだろ。借りたもんは返すのがあたりめーだろ!アホ!」となっています。

デモをしている人たちのフォーカスはそこではないのでしょうが、やはりそのあたりの内部と外部の意識の差を取っ払うには、まず奨学金の名称を変更する必要があると思います。アメリカでは学生に貸し付けるお金のことは「学生ローン」と呼ばれ、給付制のものが「奨学金」とされています。

「何を単純なことを」

と思う方も多いでしょうが、言葉の持つ意味というのはそれなりに大きいと思っていて、奨学金が学生ローンとなるだけで、お金を借りることにもう少し注意を払う学生も多くなるかもしれません。これは僕自身もそうだったのですが、大学にのほほんと通っていて、さて毎月自動的に借金が数万円~12万円(第二種・満額の場合)どんどん積みあがっているということを危機感をもって認識している人がどのくらいいるかと言われると、もう、どうしようもないくらい少ないのではないかと思うんです。「まっ、どうにかなるよね!」と軽い気持ちで入学して、「フツー」の大学生活を送って、卒業するときに借金の額と返済期間を通知されて「えっ!?」ってなる。

ほとんど無意識の借金です。

自己弁護をしているわけではありませんが、やはり、18歳の時点でそのあたりのリスクであったり、メリット・デメリットを考慮しろというのは、少し酷な気がします。

いったい、誰のためにお金を借りていたのだろう?

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/07/syo01.jpg

誰のための奨学金?

「奨学金」というからには、呼んで字のごとく勉学することが奨められているわけですが、じゃあ、「誰のために奨められているの?」ということになると、学生のためだなんてちっぽけも感じられず、国が国のために学生に勉学することを奨めているようにしか思えないわけです。

特に都心に近い高校に入ると、大学に入るのが当たり前になって、「周りの人が大学に行くから、とりあえず自分も大学に行こう」となる。「お金はないけど、なんか奨学金とかいう便利そーなものがあるから、これされ利用すればどうにかなりそーだ」。これは僕が通っていた大学がたまたまそうだっただけなのかもしれませんが、入学すると「クレジットカードをぜひこの際に作りませんか?」という勧誘の広告をたくさんもらうことになります。審査もほとんどないし(本人にほとんど収入がないことなんて分かりきっているので、将来的な見込みさえあればいい)、誰でもすぐに作ることができます。本当にカンタンに!

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。