ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あの“文字盤のない時計”がリニューアル!『ピラミッドトーク』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

pyramidtalk

1984年に発売された“文字盤のない時計”『ピラミッドトーク』。音声で時刻を伝えるという、斬新なコンセプトが当時人気を集めました。その『ピラミッドトーク』が25年ぶりに電波時計として復活します。セイコークロックが12月中旬に発売し、価格は1万500円(税込み)です。

新たに生まれ変わった『ピラミッドトーク』には、音声やガイダンスを新たに収録。日本語と英語の2ヵ国語で時刻を伝えます。本体上部の「スピーク/スヌーズ」ボタンを1回押すと現在の時刻、2回押すと日付と曜日、温度と湿度、アラーム時刻のいずれかを発声する仕組み。ボタンを押すたびに、青色LEDのイルミネーションが光ります。

時計前面の「オートスピーキング」ボタンを押すと、1分ごとに15分間、現在の時刻を音声でお知らせします。お出かけ前に分刻みで支度を整える方には便利な機能ですね。標準電波を受信して自動で時刻を修正する電波時計なので、時計が遅れて遅刻、という心配もありません。

このようにパワーアップして生まれ変わった『ピラミッドクロック』。84年当時を知る方にも、レトロフューチャー好きな方にも、プレゼントにいかがでしょうか。

■『ピラミッドトーク』仕様
本体サイズ:W105×D105×H82mm
重量:260g
時間精度:午前2時以後3時間ごとに標準電波を受信し、時刻を修正。電波を受信しないときのクオーツ精度は、平均月差±30秒(気温5~35℃で使用した場合)
使用温度範囲:-10~+50℃
アラーム音:音声と3段階に変化する電子音の組み合わせ
カレンダー:2099年までのフルオートカレンダー
電源:単3アルカリ電池×3本
電池寿命:約1年

■関連記事
血液型ごとに性格が違う! おしゃべり時計『クロックマン』発売へ
カウント2.9で肩を上げろ!ゴング型目覚まし時計 『ゴング!アラームクロック』
世界の海をクルーズできるアミューズメント時計『海洋楽園』

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。