ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

池袋サンシャインシティに巨大なコカ・コーラ自販機出現! パワーアップしたスマホアプリ『自販機AR』もお披露目

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


7月18日に東京・池袋サンシャインシティの噴水広場に巨大な『コカ・コーラ』の自販機が出現。夏の日中に冷却用の電力を使わないため消費電力を95%削減、16時間にわたって冷たい製品を提供できる超省エネ自販機『ピークシフト自販機』を知ってもらうイベント『ピークシフトサマー』が開催されました。『ピークシフト自販機』に触れたり、AR(拡張現実)コンテンツを楽しめるスマートフォンアプリ『自販機AR』のバージョンアップ版を体験でき、親子連れや学生でにぎわった同イベントのレポートをお届けします。

巨大自販機の中は氷のバー


会場中央にドーン! と据えられた巨大な『ピークシフト自販機』は、全高なんと6メートル。取り出し口のところがカーテンになっていて中に入れるのですが……。


内部は氷でできたアイスバー! 床にはひんやりと冷気がただよい、猛暑を忘れさせてくれます。



サンシャインシティを訪れた人には招待状が配られ、アイスバーのチケットをはがすと出てくる特典をアイスバー内で受け取ることができます。筆者は『ピークシフト自販機』のキャラクター“ポーラーベア”のステッカーをゲット。

『自販機AR』がパワーアップ


『ピークシフト自販機』と連動してARコンテンツを楽しめるiPhone/Androidアプリ『自販機AR』は、このイベントに合わせて新コンテンツがリリース。会場ではアプリをインストールしたスマートフォンを用意して、だれでも『自販機AR』が楽しめるタッチ&トライコーナーを設けていました。


新バージョンでは『コカ・コーラ』『コカ・コーラ ゼロ』に加えて『アクエリアス』『アクエリアス ゼロ』でもサンプルのボトルを写すと映像を再生。その地域の気温に応じて3段階で熱中症情報を表示後、CM映像が再生されます。




自販機全体を写すと、自販機の中にある氷塊をタップで砕くコンテンツや、自販機の中から風船が飛び出すコンテンツ、自販機が天気に応じてロケットになって飛び立つコンテンツが楽しめます。


いずれにも自販機の前にいるかのようなポーラーベアが登場。アプリのシャッターボタンを押して、自販機の前のポーラーベアを写真に収めることができます。この夏、お出かけ先で『ピークシフト自販機』があったら、ポーラーベアと記念撮影したら思い出に残りそうですね。

折り紙のポーラーベアが踊りだす


会場の一角には、何やら折り紙で遊んでいる人たちの姿が。いったい何でしょう?


配られている折り紙には「ポーラーベア おりがみマジックAR」の文字が。



そう、こちらも『自販機AR』で遊べるようになったコンテンツのひとつなのです。ポーラーベアの形に折り紙を折ると、それがARマーカーに。アプリで折り紙を写すと折り紙ポーラーベアが立体的に浮かび上がり、ダンスを踊ってしまうのです。これは会場の親子連れに大評判。

デカい! ポーラーベアとパチリ


このように、『ピークシフト自販機』のイメージキャラクターとして大活躍のポーラーベアですが、会場には本物が登場! デカい!


来場者との記念撮影に、順番待ちの長い列ができる大人気。「イベントに行けなくて残念!」という人は、まずスマートフォンに『自販機AR』をインストール。『ピークシフト自販機』でポーラーベアとふれあってみてはいかがでしょうか。

自販機AR
http://j.cocacola.co.jp/vending/peak_shift/ar/

参考記事:
日本の自販機スゲえ! スマホをかざすとコンテンツが楽しめる世界初のARアプリを『コカ・コーラ』が開発
http://getnews.jp/archives/291449

自動販売機をARで拡張! iPhone/Androidアプリ『自販機AR』をかざすとコンテンツが楽しめる自動販売機がお披露目
http://getnews.jp/archives/331849

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP