ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米Lenovo、IPS液晶とデュアルスピーカーを搭載した10.1インチAndroidタブレット「IdeaTab S6000」を発売開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Lenovoが米国でMediaTekプロセッサを搭載した低価格の10.1インチタブレット「IdeaTab S6000」を発売しました。今年2月のMWC 2013で正式に発表された「IdeaTab S6000」は、Lenovoの10.1インチタブレットの中ではエントリーモデルに属する機種で、$249という比較的安い価格が設定されていますが、IPS液晶やデュアルスピーカーを搭載するなど、マルチメディアコンテンツやゲームの体験を向上させる仕様が採用されています。ディスプレイは10.1インチ1,280×800ピクセルのIPS液晶、プロセッサはMediaTek MT8125 1.2 GHzクアッドコアを搭載。本体は、厚さ8.6mm・質量560gと10インチタブレットの中でも比較的薄く軽い設計となっています。OSはAndroid 4.2(Jelly Bean)を搭載。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は16GB。本体には、Micro USB端子(OTGが対応)、Micro SDカードスロット、Micro HDMI出力端子が備えられています。カメラは背面に500万画素と前面に30万画素を搭載。ワイヤレス通信機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0のみ。3G/LTE通信には非対応。バッテリー容量は6,300mAhで、Wi-Fi接続時のWEBブラウジング時間は約9時間とされています。Source : Lenovo



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia A SO-04E用4,600mAh大容量バッテリーがAmazonで販売中
Sony、“Xperia Zの後継”を年内に韓国でも発売予定
Sony、写真加工カメラアプリ「FontCam」のAndroid版をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP