ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

HTC OneのシステムソフトウェアをSenseからGoogle Play Editionに切り替えられる”MoDaCo.Switch”の開発ガ進行中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

HTC Oneグローバル版で動作するシステムソフトウェアの内容を「Sense」と「Gogole Play Edition」の2種類から切り替えられる機能の開発が進められています。この機能「MoDaCo.Switch」を考案したのは、MoDaCoフォーラムの創設者として知られるPaul O’Brien氏。HTC OneにはSenseベースのROMを搭載した通常版と米国で発売中の標準Androidを搭載したGoogle Play Editionの2種類が存在しますが、この機能を利用することで、1台のHTC Oneで中身を切り替えて利用できるそうです。Paul氏のTwitterタイムラインにはその機能のスクリーンショットが公開されており、アプ?メニュー?からワンタッチで切り替えられる模様です。しかし、機能はまだ開発段階ということで、一般向けには公開されていません。ROMを切り替えられることにどのようなメリットがあるのかは少々悩むところですが、面白いアイデアなので、今後に動向に注目しています。Source : Twitter



(juggly.cn)記事関連リンク
HTC Oneの新色”Glamour Red”がフランス・ドイツ・ロシアの公式サイトにも掲載
Acer、WQXGAディスプレイとTegra 4プロセッサを搭載したAndroid端末「TA272HUL」を開発中?
LG、8月7日にニューヨークでプレスイベントを開催、招待状のメッセージでOptimus G2(G2)の発表を予告

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP