ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ファミ通.com「インデックス救済に名乗り出て欲しいメーカー」の読者アンケートが公開当日に削除される

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ファミ通.com緊急アンケート

『アトラス』のブランド名でゲームの開発・販売を行っている株式会社インデックスが6月27日に東京地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことに関連し、エンターブレインが運営するニュースサイト『ファミ通.com』で「民事再生手続きを開始したインデックスの再建に名乗り出てほしいメーカーはどこ?」と題する緊急アンケートが1日に公開されました。

民事再生手続きを開始したインデックスについての緊急アンケートを実施。

 2013年6月27日開催の取締役会において、民事再生手続開始の申立てを行うことを決議し、同日付けで東京地方裁判所に民事再生手続き開始の申立てを行い、受理されたインデックス。同社には『真・女神転生』シリーズや『ペルソナ』シリーズ、『世界樹の迷宮』シリーズなど、ゲームファンから高い支持を得ているアトラスブランドも含まれている。事業の継続、発売予定タイトルのリリースは明言されているとはいえ、再建への歩みは始まったばかりで、先行きは不透明だ。
 こういった場合、事業譲渡先が見つかるのが再建への近道となるが、ファミ通.comではこの点にフォーカスしたアンケートを実施します。質問はズバリ「インデックスの再建に名乗り出てほしいメーカーはどこ?+その理由」。ゲームメーカー、一般企業などは問わず、ファミ通.com読者が「ここぞ」と思うメーカーとその理由をお聞かせください。

このアンケートの回答欄はメーカー名とその理由を回答者が記入する自由式になっていましたが、公開直後からいくつかの“ゲハブログ”で取り上げられて騒ぎとなり『2ちゃんねる』や『Twitter』では「不謹慎だ」「いくらなんでも非常識」などの批判が続出。それが直接の原因かはわかりませんが、このアンケートは公開からわずか3時間ほどで『ファミ通.com』のサイト上から削除されてしまいました。

なお、アトラスでは民事再生手続きの申請に関わらず開発中のゲームは予定通り発売するとのアナウンスを同時に出しており、手続きを申請した当日には『新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女』が発売されています。

画像:『ファミ通.com』の緊急アンケートページ(現在は削除)

84ocaの記事一覧をみる ▶

記者:

1975年、兵庫県姫路市生まれ。商工組合事務局勤務を経て2012年よりウェブライター活動を開始。興味のある分野は主にエンターテインメント、アーカイビング、知的財産関係。プライベートでは在野の立場で細々と文学研究を行っている。

ウェブサイト: https://note.mu/84oca

TwitterID: 84oca

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。