ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Xperia Z Ultra」に含まれている新アプリ「スケッチ」のapkファイルが流出、Android 4.2.2以上を搭載した端末で利用可能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ペン入力対応の6.44インチスマートフォン「Xperia Z Ultra」で追加されたSony Mobileの新アプリ「スケッチ」のapkファイルがXDA Developersで公開されました。公開されたアプリはその名の通りスケッチアプリです。指やスタイラスを使って絵やイラストを描いたり、写真を読み込んで加工を施すことができます。アプリ自体は「Xperia Z Ultra」のファームウェアから抜き出したものとされており、Android 4.2.2を搭載した端末で利用可能とのことです。インストール方法は、XDA Developersで配布されているZIPファイル(Xperia Z Ultra Sketch.zip)をカスタムリカバリからインストールする方法と、ZIPを解凍してフォルダ内の「SomcSketch.apk」を/system/appにコピーする方法があります。スケッチ機能は既存の「ノート」アプリにも組み込まれていますが、このアプリはスケッチ専用ということで、「ノート」アプリよりもペン先の種類が多く、スタンプなど新機能も追加されています。また、キャンバスカラーを変更できるようになっています。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
スマートフォンを振るだけで通話中の会話を録音するAndroidアプリ「ShakeRecords」がリリース
JAF、Androidアプリ「JAFお得ナビ」に電子クーポン機能を追加
Xperia Z Ultraのホーム画面や壁紙、Sony製メディアアプリなどのapkファイルが流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP