体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リンゴ農園に突撃(?)してリンゴ農家の本音を取材したよ(後編)

リンゴ農園に突撃(?)してリンゴ農家の本音を取材したよ(後編)

今回はどらねこさんのブログ『とらねこ日誌』からご寄稿頂きました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/367369をごらんください。

リンゴ農園に突撃(?)してリンゴ農家の本音を取材したよ(後編)

(前編)はこちら→

「リンゴ農園に突撃(?)してリンゴ農家の本音を取材したよ(前編)」 2013年06月18日 『とらねこ日誌』
http://d.hatena.ne.jp/doramao/20130618/1371549428

※注意※

前編記事中にある腐らん病対策の高分子吸収体ですが、効果が無いと考えられているとコメント欄でご指摘頂きました。この件についてHさんは効果が無いのであれば止めようと思う。早いうちに効果が無いことが分かったのはラッキーです。ちなみに周辺の農家は自分のところの他の園地ではどろ巻き法をやっています、とお話し頂きました。

前編では「実は無農薬には魅力がある」と語ってくださったHさん。では、どうして無農薬に挑戦しないのでしょうか。

■ 無農薬には魅力がある?

リンゴ農園に突撃(?)してリンゴ農家の本音を取材したよ(後編)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/06/0115.jpg


ど:魅力があるのに挑戦しないというのはやっぱりリスクがあるんですよね。

Hさん:ええ、無農薬無肥料の定義はおいといて、木村さんが推奨されている農薬散布なしに大きなリンゴを実らせた事自体はすばらしいと思いますよ。だけど、木村さんのウェブサイトを見ると安定した収量を確保できてないみたいなのですよ。


ど:確かにそうみたいですね。特に2009年は不作で十分に供給できなかった旨が以前掲載されてましたね。他にも友人や来訪された方にも収量が十分でないという話をしている様子が、ネット上でも見られますね。

Hさん:今の収量の7割しか確保できなくても毎年安定して収穫できるのなら、やってみたいとは思いますが、木村さんはそこまで至るまでに数年は収穫なかったようですし、現在も収量などのデータを公表してませんからね。


ど:リスクが大きすぎるわけですね。

Hさん:そうした数値の公表無しに、他の農家はなんで無農薬栽培をやらないのか?というのはフェアじゃあないですよ。木村さんの農法に成算があるのなら、きっと青森県りんご協会(その他、県や研究所などの信頼できる機関の指導はかなり参考にしているとのこと。勿論、失敗もあるため全面的に信用しているわけではないですと仰っていました。)などからアナウンスがあると思うんですよね。ですけど、そうした動きは今のところないですからね。ある程度信頼しているそうした研究機関などが検証し、再現性がある事がしめされれば、農家は農薬使用に変に拘らずに採り入れると思いますよ。


ど:意外と柔軟なんですね。

Hさん:そうですね。商売ですからメリットがあれば挑戦しますよ。逆にそれが無いと思っている人が多いから手を出さないんです。普段の栽培でも、農薬を使わずに虫や病気を手間がかからずに撃退できる方法があるのなら、ちゃんと利用するんです。腐らん病対策でも、良い方法があれば新しいアイディアがあればどろ巻き法でもオムツでもとり入れますし、害虫の天敵がいればそれを利用したり、と。

■ リンゴに対する誤解あれこれ

リンゴ農園に突撃(?)してリンゴ農家の本音を取材したよ(後編)

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/06/028.jpg

豪雪によるリンゴの枝被害。わい化栽培だけでなく、雪による枝折れは農家にとって深刻な問題。放置すると病気の原因となることも。


ど:では、もう一つ質問したいことがあるのですがよいでしょうか。ツイッターでこのまえリンゴが古くなると表面がテカテカするワックスについて書き込んだのですが、けっこう反応があったのですよ。アレって農家が出荷するときに塗っているのだと思っていたという方がけっこういらっしゃるんですね。あれは、リンゴ自体が分泌していて、虫を付きにくくしたり、水分が飛ぶのを防いだりしているんですよね。

Hさん:ああ、なるほど。ワックスはジョナゴールドにでやすいですねぇ。自分のところにもそんな誤解をする人いますよ。でも、一番多いのはいわゆる「みつ」についての誤解ですねぇ。


ど:え、そうなんですか?どんな誤解なのですか。

Hさん:「Hさんのところのリンゴは自然でイイねぇ、ちゃんと蜜が不揃いに入ってるからね」といわれるんですよ。話を聞くと、注射で蜜を入れているんじゃないかと思ってるみたいなんですね。


ど:いやぁ、それは全く考えた事なかったです。

Hさん:「みつ」は今でこそ人気ですが、昔は「りんご密病」なんて呼ばれてまして、長期保存すると「みつ」の部分が悪くなりやすいから生理障害とみなされてたんですよ。


ど:へぇ~~~

Hさん:「みつ」はフジという人気品種に入りやすいんだけど、完熟したあとに中心部に貯まることから、完熟りんごの証しでもあるので確かにみつりんごは甘いですね。でも、みつが入っていないというクレームなんかもいただくことがあって、品種による違いがあることや、必ず入るわけではない事を説明するのが大変ですね。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。