ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

禁劇の虚人(弁護士 壇 俊光)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回は壇 俊光さんのブログ『壇弁護士の事務室』からご寄稿いただきました。

禁劇の虚人(弁護士 壇 俊光)

最近、進撃の巨人なるものが流行っているらしい。

「TVアニメ「進撃の巨人」PV」 『YouTube』




(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=KKzmOh4SuBc

人が巨人に食われたり、巨人になったり、巨人からスカウトされたりな話のようである。

正直、私にはウェルズの宇宙戦争にしかみえないが、ビジネススキームとしては、比較的マイナーな別冊マガジンからmedia mixなことになっていて、海外進出もしていて元気な感じが気持ち良い。

で、この物語、作者は、マブラブオルタナティブ*1なるゲームから創意を得たということらしい。

*1:『マブラブオルタナティブ 公式サイト』
http://5pb.jp/games/muvluv/alternative/

・・・・・・・・・・・・・18禁ゲームですがな。

知らなかった。そういう存在が2006年に存在していたとは。このゲーム、最近、若手の弁護士からそんなの昔の話ですよとか言われた。申し訳ない。私は、オタクの代弁者のように思われてる風があるが、実のところあんまり、オタク文化への造詣はない。

ところで、今年も児童ポルノ法改正案が、提出されている。*2

*2:「第183回国会 議案の一覧」 『衆議院-議案』
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_gian.htm

いつもは、高市早苗友の会の年中行事だったのであるが、今回は、自民、公明、維新の会からである。

その内容*3の重要な部分は、単純所持罪の創設と児童ポルノに類する漫画等の規制に向けた調査である。

*3:「第183回国会 議案の一覧」 『衆議院-議案』
http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_gian.htm

(児童ポルノ所持等の禁止)

第六条の二 何人も、みだりに、児童ポルノを所持し、又は第二条第三項各号のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写した情報を記録した電磁的記録を保管してはならない。

第二条  政府は、漫画、アニメーション、コンピュータを利用して作成された映像、外見上児童の姿態であると認められる児童以外の者の姿態を描写した写真等であって 児童ポルノに類するもの(次項において「児童ポルノに類する漫画等」という。)と児童の権利を侵害する行為との関連性に関する調査研究を推進するととも に、インターネットを利用した児童ポルノに係る情報の閲覧等を制限するための措置(次項において「インターネットによる閲覧の制限」という。)に関する技 術の開発の促進について十分な配慮をするものとする。

2 児童ポルノに類する漫画等の規制及びインターネットによる閲覧の制限については、この法律の施行後三年を目途として、前項に規定する調査研究及び技術の開発の状況等を勘案しつつ検討が加えられ、その結果に基づいて必要な措置が講ぜられるものとする。

この点に対しては、ドラえもんのしずかちゃんの入浴シーンはどうなるなどの話があるようである*4。

*4:「児童ポルノ規制 しずかちゃんの入浴シーンは……基準不明確、渦巻く異論 」 2013年06月19日 『ITmedia ニュース』
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1306/19/news040.html

おそらく、いかにもな御用学者等の研究結果を踏まえてありありな感じであるが、エロマンガを読むと、人は買春をしたくなったりするとか、児童ポルノを持つ傾向があるとかいう研究結果でも出てくるのであろうか?

というより、維新の会の某市長のロジックからいうと、マンガを代替物にしろとかなるんじゃ無いのか?

ただ、新たな創作活動は自由の中から生まれてくる。規制すれば良いというものでは無いということは忘れてはならないと思われる。

児童ポルノ禁止法は児童の保護を目的とする法律であるが、どうも、変な性欲禁止法か退廃芸術禁止法と言うべきものに行きたいようである。

かつて、退廃芸術を禁止しようとした人たちがいた。
最近の安部内閣の国連勧告無視*5や、内閣の要職にまで上り詰めた、高市氏のこんな原発事故で死者無し*6な鷹派への傾倒を見ると、そのような人たちの名前を思い出して仕方ない。

*5:「慰安婦めぐる国連委勧告「従う義務なし」 安倍内閣」 2013年06月18日 『朝日新聞デジタル』
http://www.asahi.com/politics/update/0618/TKY201306180289.html

*6:「高市氏「原発事故で死者なし」発言 与野党から批判噴出」 2013年06月19日 『TOKYO Web』
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013061902000104.html

執筆:この記事は壇 俊光さんのブログ『壇弁護士の事務室』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年6月20日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。