ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

資金次第でサウンドのグレードが変わる!?『アニソンレイブin歌舞伎町』開催に向けた支援プロジェクトがスタート

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『Reanimation4』より

アニメの主題歌からクラブミュージックまで様々な曲がかかり、コスプレイヤーも集結する超都市型音楽イベント『Re:animation』(以下『リアニ』)。新宿・歌舞伎町地区の再開発に伴い、それまで開催されていたシネシティ広場が閉鎖になったため、中野駅前広場に移して2013年4月13日に開催された『Re:animation5』もニッポン放送の吉田尚記アナやテクノユニットNIRGILIS(ニルギリス)が出演し大成功を収めましたが、再び歌舞伎町で開けることになり、公式ブログで経緯が報告されています。

『リアニ』オーガナイザーの杉本真之さんによると、新宿区がシネシティ広場の工事を前倒しにして9月までに三分の二をオープンさせることになり、「また何かイベントをやれないか?」と持ち掛けられたことがきっかけで企画することになったとのこと。
その開催にあたっては、アニソンオンリーの『アニソンレイブin歌舞伎町~Re:animation5.5~』とこれまでとは趣向を限定したイベントになる模様です。

さらに、公式ブログでは2011年から開催しているアートイベントの新宿クリエーターズ・フェスタに参加する方向で調整中としており、実現すれば新たな客層の来場によるカオスな空間が広がることが期待できそう。

『Reanimation4』夜の盛り上がり

『アニソンレイブ』は『リアニ5』同様に来場者無料のイベントとしての開催を目指しており、そのための支援者を杉本さんが立ち上げたファンクラブ運営サービス『Cloud Fan Club』で2013年7月7日まで募集しています。優先入場権が得られる有料会員になるか支援グッズを買うことでサポート可能。『Cloud Fan Club』はクレジットカードやコンビニ決済にも対応、面倒な手続きを経ずポイントが購入出来るので、これまでのサービスよりも敷居が低くなっています。
集まった資金はイベントの企画・制作・打合せ・宣伝・各種グッズの制作などの費用に充てられ、サウンドシステムのグレードも金額によって変化するとのこと。具体的な設備についても詳細がブログで公表されており、今回も透明な運営を目指しています。

イベントの開催予定は2013年9月8日。詳細は『リアニ』ファンクラブページで随時発表になるということなので、支援をしたい人はもちろん、いち早く情報が知りたいという人も『Cloud Fan Club』の『リアニ』ファンクラブページを要チェックです。

アニソンレイブin歌舞伎町~Re:animation5.5~

■開催日時・場所
2013年9月8日(日)13:00~18:00
新宿歌舞伎町 シネシティ広場(予定)

■参加費 
無料 ※事前にCloud Fan Clubにて有志の開催資金を募集

Re:animationファンクラブ (Cloud Fan Club)
https://www.cloudfanclub.com/fc/reanimationjp

カテゴリー : エンタメ タグ :
ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。