体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キャスト・スタッフが歌舞伎の舞台に!京都を描くこだわりが見えたアニメ『有頂天家族』先行プレミアイベント

エンタメ
『有頂天家族』先行プレミアムイベント

2013年7月7日よりTOKYO MX、サンテレビ、KBS京都などで放映がはじまるアニメ『有頂天家族』の先行プレミアムイベントが2013年6月16日に京都・四條南座で開催。集まった約1000人のファンの前で、キャストの櫻井孝宏さん・諏訪部順一さん・吉野裕行さん・中原麻衣さん・能登麻美子さんのほか、原作者の森見登美彦さん、吉原正行監督、P.A.WORKSの堀川憲司プロデューサーを交えて、アニメ第一話の先行上映や作品・キャラクターの魅力についてのトークが行われました。

京都四條南座

会場になった四條南座は、京阪電鉄祇園四条駅そば。元和年間に公許された歌舞伎発祥の地で、歳末の吉例顔見世興行など現在でも数多くの公演の舞台となっています。もちろん、アニメのイベントをするのは長い歴史の中で初になります。

キャスト登場の際に、いなせな和装をまとった櫻井さんと諏訪部さんが舞台正面のせり上がってきて大歓声! 続いて中原さんと能登さんが艶やかな着物姿で花道を歩いて進みました。そして、最後に吉野さんが花道のセリから上がり、ファンを喜ばせました。
セリに乗ったのが人生初という櫻井さんは「にやにやしてました」とまんざらでもない様子で、諏訪部さんも「花道から出るという空気感を出しておいて、最初から一発かましたな、という感じ」とやったりの表情。
一方、吉野さんは「上がった瞬間にすぐ(お客さんの)顔が見えるじゃないですか?めっちゃ恥ずかしいじゃないですか?そのまま出てくるとヤバいから最初から構えてとか、いろいろ考えちゃいました」とシャイな一面を見せていました。

下鴨家 (C)森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会

『有頂天家族』は、狸や天狗のいる京都を舞台に狸界の権力闘争を描いた小説。偉大な父の「阿呆の血」を受け継ぐ下鴨家の四兄弟や、師匠格である天狗の赤玉先生、赤玉先生の手ほどきで神通力を得た妖艶な美女の弁天を中心に物語を織り成します。

弁天と矢三郎 (C)森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会

作品の見どころについて、三男・矢三郎役の櫻井さんは「家族たちがお互いに思いやっているのだけれどボタンの掛け違いのドラマがある」と家族愛がテーマだと強調。弁天と矢三郎との関係についても「振り回されているのを楽しんでいるのだけれど、切なくなる気持ちもある」と分析します。この二人のつかず離れずのやり取りは、第一話から展開されており、シリーズを通して楽しめそう。

1 2 3次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会