ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマートウォッチ「Pebble」に走行スピードや距離を表示するAndoridアプリ「Pebble Bike」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シャープ製の低消費電力液晶を搭載したスマートウォッチ「Pebble」用をサイクルコンピューターのように機能させるAndroidアプリ「Pebble Bike(ベータ版)」がGoogle Playストアで最近リリースされました。このアプリは、AndroidスマートフォンやタブレットのGPS機能を用いて測定した速度、平均速度、移動距離の情報をPebbleに定期的に表示するアプリ。オートスタート機能も実装されているので、止まっている間は計測を停止するような便利な機能も備わっています。機能的には市販のサイクルコンピューターに及ばず、その代替としての使用に耐えるものではなさそうですが、アプリの作者さんもPebbleユーザーの一人ということで、自身でもアプリを利用してテストなどを行っており、今後、日常の使用の中で思いついた機能などを順次追加したいと述べています。今後に期待ですね。アプリはGPSのデータを表示するものなので、ランニングやウォーキングといったスポーツでも活用できると思います。「Pebble Bike」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Swipe status bar : フルスクリーン時でも通知パネルをいつものスワイプ操作で開けるようにしてくれるAndroidアプリ
Quick Social : 通知パネルからFacebook/Twitter/Google+にメッセージを投稿できるAndroidアプリ、3サービスへの一括投稿も可能
HTC、米国版HTC Oneを購入した方を対象に、$25分のGoogle Playクレジットをプレゼントするキャンペーンを開始、7月15日まで

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP