ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia ZのPTCRB認証に新ビルドのファームウェア「10.1.1.A.1.319」と「10.3.A.0.407」が追加、後者はAndroid 4.2.xへのアップデート版?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

PTCRBのXperia Z(C6606/C6616)の認証情報に6月4日付で新ビルドのファームウェア「10.1.1.A.1.319」と「10.3.A.0.407」が追加されました。どちらも同じ日に認証を取得したファームウェアで、最初の「10.1.1.A.1.319」は、現行の「10.1.1.A.X.X」に沿ったビルドものなので、Android 4.1.2ベースのものと予想されます。次の「10.3.A.0.407」はAndroid 4.1.2の規則とは異なります。Sony Mobileのファームウェアのビルド番号は、OSのバージョンアップやUIの刷新を伴う大規模アップデートの場合にアルファベット左側の数字が上がることから、「10.3.A.0.407」はAndroid 4.2.xベースのファームウェアか大規模アップデートのものと予想されます。現時点で、「10.3.A.X.X」ビルドのファームウェアはC6606/C6616用しか追加されておらず、Xperia Zの他モデル(C6602、C6603)には追加されていません、C6616が噂のGoogle Editionだとすると、OSはAndroid 4.2.x以上で発売されることになるので、「10.1.1.A.X.X」とは異なるビルドのファームウェアが搭載されるはず。これまでのアップデート履歴や開発者向けの対応を見ていると、グローバル向けLTE版となる「C6603」から対応を進めているようなので、Android 4.2.xへのアップデート用であれば、C6603にもこのビルドが追加されていてもおかしくありません。なので、このビルドはC6616向けに開発されている特別版の可能性もあると思います(アルファベットでキャリア・モデル分けしている機種もあるので、単なるアップデート用の可能性もありますね)。Source : PTCRB



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S 4 GT-I9505とXperia Tablet Z Wi-Fi版向けにCyanogenMod 10.1 Nightlyビルドの公式提供が開始
「HTC Desire 200」がGCFの認証を取得
”JWR11”ビルドのソフトウェアを搭載したASUS製7インチタブレット「K008」がBluetooth SIGの認証を取得、新型Nexus 7?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP