ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

元・従軍慰安婦を名乗る金福童氏について 6

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今回は小林孝範さんのブログ『現代 note』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/355666をごらんください。

元・従軍慰安婦を名乗る金福童氏について 6

「元・従軍慰安婦を名乗る金福童氏について 5」 2013年06月09日 『ガジェット通信』
http://getnews.jp/archives/355559

1992年1月に慰安婦として名乗りを上げる。

1990年に韓国で「挺身隊問題対策協議会」という慰安婦について日本に賠償を求める組織ができた。これに呼応して高木健一氏や福島瑞穂氏などの弁護士が、日本政府に対する訴訟を起こそうとして原告を募集した。それに応募して出て来たのが、金学順だった。
彼女は1991年8月に来日し、訴訟の原告として裁判を起こすとともにメディアにも登場し、伝説の存在だった「慰安婦」が初めて名乗り出たケースとして話題になった。

「NY タイムズのための「慰安婦問題」入門(PDFデータ)」 2013年02月25日 『アゴラ 言論プラットホーム』
http://agora-web.jp/nyt.pdf

この流れに乗って金福童(キムボクトン)氏も慰安婦として名乗りを上げた。そして日本政府に謝罪と賠償金を求める運動を開始した。

1992年に自分が受けた人権侵害を申告した。 以降、ソウルの日本大使館前で毎週開かれる水曜集会に出席し、日本政府の公式謝罪と法的賠償を求めている。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/06/016.jpg

2012年07月26日 『koreatimes.com』
http://megalodon.jp/2013-0530-0814-33/ny.koreatimes.com/article/742307

1992年1月中旬頃だった。釜山で’慰安婦’被害者が申告をしたというニュースを聞いて、探し回っ最後におばあちゃんの連絡先を確保して電話をした。おばあちゃんの許可を得て、釜山祖母宅を訪ねた。(…)’女性’である私にするのが難しかっを話もおばあちゃんはタバコを吸っていき、焼酎を飲みながら噴かれた。(…)その後、おばあちゃんは、挺対協運動の真ん中に直接ジャンプ召し上がった。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/06/025.jpg

2012年11月07日 『vop.co.kr』
http://megalodon.jp/2013-0530-0821-33/www.vop.co.kr/A00000559524.html

日本大使館前で毎週水曜日、日本政府に謝罪と賠償金を求めて叫び声をあげている。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/06/034.jpg
『YouTube』




(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://youtu.be/oKCA5TEhLmw

細い腕をやっと入って虚空に向かって一度力なく振った。 “被害を補償して公式に謝罪せよ”は、20年間の叫びとそれに耳を閉じた日本政府に疲れた金さんは、いつからか口を開かなかった。その代わりたまに頭に入って日本大使館を眺めては、完全な怒りをフル道はない縮小した唇に力を一度与えてプルプル震えた。
初雪が降るは小雪()だった先月23日。一日の冬の風が吹きたが、ソウル鍾路区日本大使館前では、間違いなく997次の水曜集会が開かれていた。韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)の主催で1992年1月8日から続いてきた集会は14日で1000回となる。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/06/043.jpg

2011年12月09日
http://megalodon.jp/2013-0530-0844-29/blog.daum.net/chang4624/4294

今日完了水曜日です。 もう20年目の慰安婦の水曜集会は雨の中で行われました。 日本はまだ厚顔無恥、無返答だが、おばあちゃんと私たちの社会の粘り強い努力は必ず答えを得るでしょう。▲INT▼ギムボクドン/慰安婦被害者 “日本軍の奴隷になって無残にも踏みにじられ、病気になって枯れていく過去の血にぬれた歴史を国民がどのくらいご存じですか?” 慰安婦問題に政府が積極的に出ないのは違憲との判決後、政府は、日本と、約100回接触しました。 慰安婦問題について、法的責任を負って謝罪するようジュルギチャン要求に日本政府は依然として沈黙を守っています。ヒラリー・クリントン米国務長官が性奴隷と規定し、非難の水位を高め、国際社会の非難集会が相次いだが、日本はびくともしません。2次世界大戦の責任を取って賠償はもちろん、首相が膝までつい謝罪したドイツが、最近にも機会あるごとに謝罪するのとはあまりにも違う姿です。 政府は公式抗議ほか、国連人権理事会などに想定する案などを検討しているが、国際社会と世論を造成し、圧迫するのが現在のところ最も現実的な方法です。日本帝国主義の野望に踏みにじられた少女たちの今の年齢は平均86歳。謝罪原、賠償しなさい


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/06/053.jpg

2012年08月15日 『mbc』
http://imnews.imbc.com/replay/nwdesk/article/3117932_5780.html
http://megalodon.jp/2013-0530-0854-49/imnews.imbc.com/replay/nwdesk/article/3117932_5780.html

上にあるように金氏は国際社会の世論を形成する為、世界中を周っている。各国の人権団体と連携し、世界中で日本政府に謝罪と賠償金を求めている。

1992年の生存者に申告した後、93年ウィーン世界人権大会、95年クマラスワミ国連人権報告官の韓国調査訪問時に被害者の証言活動は、日本の証言集会、水曜デモへの参加など、慰安婦問題解決の初期から活発な活動をしてきた。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/06/06-500×22.jpg

2009年04月06日
http://megalodon.jp/2013-0530-0925-58/blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=hanagajoah&logNo=80066296036&widgetTypeCall=true

日本軍慰安婦被害者ギムボクドン(87・写真)祖母が21日、米国ウィジントンに残しました。2007年、米国下院の慰安婦問題に対する日本政府の公式詩人謝罪を要求する決議案 “採択5周年記念イベントに参加しよう長い道を出たのだ。(…)ワシントンでのイベントを終えた後、ロサンゼルスに飛んで、日本領事館前で水曜デモをすることにした。ロサンゼルスでは、現在の慰安婦碑設置運動が行われているが、日本領事館などの反発がひどい状況である。金さんは “米国で慰安婦碑を建てるために必ず一分け前したい”という風を伝えた。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/06/07.jpg

2012年07月23日 『The Hankyoreh』
http://megalodon.jp/2013-0530-0915-22/www.hani.co.kr/arti/society/society_general/543886.html

上にあるように彼女は各国の人権団体に慰安婦の碑を建てるように働きかけた人物の一人である。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/06/24.jpg
(c) 聯合ニュース

そんな活発な彼女にも活動をしていなかった時期がある。

私は再びおばあちゃんを積極的に探してお会い始めたのは2002年からだった。4年の間に、挺対協を去った空白があったにも祖母との出会いは、まだ暖かいし、うれしかった、良かった。しかし、多くの年老いていた。ほとんどのアパートの中で一人で過ごしていて、焼酎のボトルがシンクの上に乗っていた。以前のように積極的だった活動家ギムボクドンの姿は全く見つけることができなかった。”嬉しいのが一つもない、お酒とタバコ以外は…”テレビでは、タバコの臭いがいつもにじんでいたし、ドベジはタバコの煙が原因で黄金色に変わっていた。祖母はいつも下着姿だった。乾きはどうしてそのように乾いたか?目は片方の目の視力を完全に失い、それさえも、もう一方の目にも問題が生じても見えない状況だった。お伺いするたびに台所に食事した形跡はなく、麦茶一杯に焼酎が上位にぽつんと置かれていることが多かった。 長年の説得と勧誘最後におばあちゃんは4年前、釜山からのすべてを清算して、避難所に来られました。本当に不思議な奇跡が起こった。おばあちゃんのエネルギー、アパートでは、おばあちゃんの生’オフになっているんだ”と感じたが、再び火がめらめら燃えていた。これで毎週水曜デモに参加し、食事もし、お酒も終了だ。定期的に目の治療を受けて1日3食栄養価の高い食事を召し上がって元気を回復いただきそのおばあちゃんのスポーティーな面も再び回復されていた。 は87歳。九十を控えた年齢の祖母の活動エネルギーは最高潮に達した。


(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/06/08.jpg

2012年11月07日 『vop.co.kr』
http://megalodon.jp/2013-0530-0900-38/www.vop.co.kr/A00000559524.html

反日活動は金福童氏にとってカンフル剤のようだ。

次回は、(戦争と女性の人権博物館)*1と(蝶基金)*2、また、日本で彼女の講演(有料)を支援した『日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク』なる団体について触れる。(続く)

*1:
(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/06/09.jpg

*2:
(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/2013/06/10.jpg

執筆: この記事は小林孝範さんのブログ『現代 note』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年06月07日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。