ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

立体テレビじゃないのに飛び出して見える! 8Kテレビの映像が凄すぎる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


元の記事:http://getnews.jp/archives/352663

今のテレビはフルHDといって1920×1080の解像度(実際は1440×1080を引き延ばしたもの)だが、裏では4Kテレビや更に上を行くスーパーハイビジョンである8Kが研究されている。日本国内ではスーパーハイビジョンと呼ばれているが世界的にはウルトラHDと呼称されている。

4Kで解像度は3840×2160、8Kで7680×4320という驚異的な解像度になり画素数は3317万画素。そんな8Kテレビのデモが凄いのである。まるで飛び出ているかのような臨場感と迫力。『YouTube』越しでもその迫力が伝わってくるから凄い(ちなみに『YouTube』の動画は480p)。

立体映像でもなければ特殊なメガネもしていないのに飛び出て見えるのだという。是非この映像を『YouTube』越しに観て迫力を感じて欲しい。

近い将来この映像が家庭で味わえるようになるのだろうか。

8Kテレビ(スーパーハイビジョン)映像

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP