ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

写真を、“時間”と“空間”情報で定義し、“撮影した場所”に行くと呼び出せる 「タイムマシンカメラ Yesterscape」が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これまでにも、写真を撮影するためのアプリは数え切れないほど登場しているが、「タイムマシンカメラ Yesterscape」は、一風変わったiPhone向けカメラアプリだ。「Yesterscape」は、ただ単に写真を撮影したり、データの保存や管理をサポートするだけでなく、「撮影した写真を、その場、その時間に記録できる」という写真ツール。アプリでは、位置情報を取得するGPSや、方向や傾きを感知するiPhoneのセンサー機能をフル活用し、撮影した写真に、位置座標と時間情報を付与する。

撮影された写真は、“場所”と“時間”の両方の情報によって関連付けられ、ユーザーがその撮影された場所に行くと、その写真を呼び出すことができる。撮影された写真は、撮影当時と同じ位置やアングルで、現場で再現されることになり、ユーザーは過去の思い出をまざまざと追体験ができるようになる。いわば、写真を「自分のスマートフォン内に保存する」というより、「撮影された空間に残す」というようなイメージだ。

“空間に残された過去の自分の写真”と、“現在の写真”をその場で合成することもでき、既存の写真に座標を登録して、新たに空間に配置することも可能だ。もちろん、自分が撮影した写真だけでなく、友人など他の人が空間に残した写真を見ることもできる。また、データはクラウド内に保存されるため、スマートフォンのデータを紛失したり、機種変更した場合でも写真は残り続けるので安心。

「写真を時空に残して、多くの人と共有する」というアイデアは、観光地を訪れた人が、現地の今の様子と過去の写真を見比べたりというように、“空間に配置された写真”を、情報を補完する素材として活用するような応用が考えられそうだ。

タイムマシンカメラ Yesterscape

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP