ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2013年05月20日~05月26日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2013年05月20日~05月26日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:双子座

好奇心が良い結果につながるときであると同時に安定が幸運の鍵でもあります。趣味の分野にじっくり腰をすえて取り組むと良いかもしれません。また現状抱えている不満を見つめ直すことで状況が改善されていく兆し。最初のうちはとまどいもありそうですが焦らずに。

第2位:蠍座

建設的な考え方が周囲に受け入れられ物事が良い方向に進むときです。すぐに結果が出なくても焦らず待つことが肝要。また不安要素は今のうちに情報を集めてできるだけつぶしておきましょう。過去のやり方にこだわり過ぎるのは禁物。柔軟な考えが成功の鍵となります。

第3位:射手座

急ぐ必要はありません。今はこれまでにやり残してきたことや取りこぼしてきたものを振り返るときです。ただし感傷的になる必要はないので合理的に進めると良いでしょう。礼儀正しさや規則を守る真面目さが高く評価されるときなので意識すると良いかもしれません。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/343178 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:魚座
これまであたためてきた計画や夢を実行に移すとき。ですが一気に片付けようとするのではなく少しずつ進めるように意識して。物事を一面的に見るのではなく多方面から見るように心がけると吉。直感が冴えているときなので大事な決断をくだすなら今が良い機会かも。

第5位:蟹座
対人運に暗雲の兆し。確認もせずに先走ったり思い込みで決めつけることがないよう言動は慎重に。また相手が思うとおりの反応を返さないからといって否定的になるのは禁物です。睡眠や食事など生活の見直しをはかると運気が向上するでしょう。相談事は目上の男性に。

第6位:獅子座
週前半は運気が不調。大切なことは週の後半にまわしたほうが良いでしょう。過ぎた好奇心は人を不快にさせる可能性があります。やたらと首をつっこまないように気をつけて。やり残してきたことを仕切り直すチャンスが訪れるかも。ただし高望みは失敗のもとです。

第7位:天秤座
忙しさや気持ちの余裕のなさを理由にして傲慢になってたり遠慮がなくなっていませんか。今週は少しでもひとりでゆっくり考える時間を持って自分を振り返ることを大切にすると吉。また家族や友人など気の置けない相手に対する感謝の気持ちを伝えることで運気上昇。

第8位:牡羊座
恋愛運が不調。悪気なく傷つけるようなことを言ったりよかれと思っての発言が裏目に出るなどコミュニケーション上のトラブルが懸念されます。自分の正義を相手に押し付けないよう注意して。上手な聞き役に徹すると逆に運気が向上する兆し。興味を持って聞くこと。

第9位:乙女座
感情がうまくコントロールできなくて苦労するかもしれません。感情的になりそうなときは一度その場から離れる決断も大事。投げやりになって話し合いを放棄するのは後のちトラブルの種になるので注意しましょう。淡淡と事務的にこなしていくことが良策のようです。

第10位:牡牛座
金銭運が不調。今週は何かと出費が重なりそうです。最たる原因は人付き合いかもしれません。しかし対人運は好調なのでここは必要な経費と割り切って人とのつながりを大切にしたほうが良さそう。新しいことを始めるには中途半端になりがちなので見送ったほうが吉。

第11位:山羊座
運気はやや不調。忘れ物や失せ物などによって金銭運に乱れが生じるかもしれません。無駄遣いしないよう管理をきちんとするよう心掛けて。またタイミングが合わずにチャンスを見送ることになっても次を待つ気持ちのゆとりを大切に。バランスの良い思考が幸運の鍵。

第12位:水瓶座
運気は低調。いろんなことをあれこれ難しく考えようとせずまずは自分の保身を第一に。またひとりで悩みこむよりも誰かに話を聞いてもらうことですっきりと整理することができそうです。自分と違う立場の人からは思いがけない視点からのヒントが得られるでしょう。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://nikolaschka.x0.com/top/

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP