ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラウドストレージサービス「Copy」のAndroidアプリがv2.00.044にアップデート、アプリUIが刷新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米Barracuda が運営しているクラウドストレージサービス「Copy」のAndroidアプリで初のアップデートが実施されました。2.00.044のアップデートで、アプリUIがHoloテーマを採用したものに刷新されました。Android 2.3以下の機種でも同様のUIが利用できます。新UIでの大きな変更箇所としては、画面下部にアクションバーが追加されたことで、どの画面でも主要な操作がアクションバーのボタンで実行できるようになりました。操作性が統一され、使いやすくなったかと思います。トップ画面では、テキストファイルとフォルダの新規作成、ギャラリーまたはファイルマネージャーからのファイルアップロード、ファイル検索、手動同期といった操作が実行できます。アップロード画面は、前回バージョンではトップ画面のタブで実装されていましたが、新バージョンではアクションバーから利用できます。メニューボタンやオーバーフローボタンを押したときに表示されるメニューリストにはストレージ容量が表示されるようになったほか、リファラー登録状況画面を表示するショートカットも追加されました。このほか、ファイルのダウンロード時に保存先をSDカードと内蔵ストレージから選択する機能、クラッシュ問題や一部の機種で発生した画面遷移時に表示が乱れる事象も改善されました。「Copy」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
iPad mini風の7.9インチAndroidタブレット「Cube U35GT」が中国メーカーより発売
Xperia A SO-04EとGalaxy S 4 SC-04Eのパンフレット画像
Sony Mobile未発表スマートフォン「S39h」の実機写真が流出

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP