ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy S 4グローバル版を日本語化する方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Galaxy S 4のグローバル版は言語選択画面上に「日本語」は表示されないものの、拡張ロケールアプリ「More Locale 2」でバッチリ日本語化されるのですが、これまでの機種とは異なり、More Locale 2で日本語化するのにPC接続し、ADBコマンドを叩かなければならなくなりました。日本語化が若干面倒になっています。この記事ではMore Locale 2を使用して、Galaxy S 4の文字などの表示を日本語にするまでの手順を紹介します。Galaxy S IIIの場合だと、More Locale 2を起動し、「Japanese」(無ければ追加)をタップするだけで日本語化されていたのですが、Galaxy S 4では、次のメッセージが表示されてしまって処理が実行できなくなっています。内部的に仕様が変更されたことによりものだと思いますが、次の手順を踏むことで、従来通りの方法で日本語化することができます。手順STEP1. PCにAndroid SDK(adbコマンドを利用するのに必要)とGalaxy S 4用のUSBドライバをインストール(Samsung Kiesをインストールすると一緒に導入されます)。STEP2. Galaxy S 4のUSBデバッグを有効にします。設定メニューを開き、「More」→「Developer Options」(表示されない場合は、「About Phone」の「Build Number」を7回タップすると表示されます)。STEP3. Galaxy S 4をPCにUSB接続。STEP4. (Windowsの場合)コマンドプロンプトを起動し、”adb shell”コマンドを実行してシェルに入ります。Android 4.2ではUSBデバッグの認証が要求されるので、Galaxy S 4の画面を見て、許可を与えます。そして、次のコマンドを実行します。

pm grant jp.co.c_lis.ccl.morelocale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION

このコマンドを実行しなければ、システムでサポートしているロケール以外には変更できません。STEP5. Galaxy S 4にGoogle PlayストアからMore Locale 2をインストール。STEP6. More Locale 2を起動し、日本語ロケール設定を作成します。メニューから「Add Locale」をタップし、「Label」には適当な文字を(ここでは”Japanese”とします)、「Language」にはボタンを押して「Japanese」を、「Country」にはボタンから「Japanese」を選択。「Add」ボタンを押して作成します。STEP7. 作成した「Japanese」をタップすると日本語化完了です。おそらく、ヘルプまで日本語で表示されるでしょう。



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung GT-P5200がAntutuアプリ上で見つかる、スコアが24,000台とハイスペックな模様
イオン、クーポンやキャンペーン情報等を配信するAndroidアプリ「イオンお買物」をリリース
仏Archos、3G通信対応の8インチAndroidタブレット「Archos 80 Xenon」を発売予定、欧州のネットショップに商品情報が掲載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP