体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ソルのゲー評】天空都市で過激に疾走『バイオショック インフィニット』日本語版 世界観の作り込みが凄すぎる

元の記事:http://getnews.jp/archives/327490

筆者が大好きなアクションアドベンチャーといえば、『バイオハザード』でも『サイレントヒル』でもない。それは『バイオショック』シリーズである。シリーズ1作目からのファンで、その完成度の高さに驚かされた。1作目と2作目は海底都市のラプチャーが舞台だったが、3作目の『バイオショックインフィニット』は天空都市コロンビアが舞台。

一人称ながらもFPSというジャンルではなく「アクションアドベンチャー」と公称しているこのゲーム。武器を強化したりお金で自身を強くするなどRPGっぽい要素も盛り込まれている。確かに単なるFPSではなく、アドベンチャーと言った方がしっくりくるだろう。同社の作品『ボーダーランズ』も「シューティングRPG」と記載されている。

※全ての画像をご覧頂けない場合はこちらからご覧ください。

いつものように唐突に天空に行くハメに……

オープニングで主人公が例のごとく、何の疑いもなく謎のシステムに入り込み打ち上げられ、天空都市にたどり着く。打ち上げられると「ハレルヤ」の声と共に到着である。

主人公のブッカー・デュイットは当然丸腰。前回は近接攻撃にバールのようなものを用いたが今回はスカイフックを用いる。着いた場所はなにやら抽選会場のようで大にぎわい。フィンクという人物が花嫁と花婿を縛り上げ、見世物にしている。77番を引き当てることができた主人公は、渡されたボールをフィンクか花婿のどちらに投げるかの選択が迫られる。もちろんどちらに投げても結果は同じである。投げようとする寸前に止められてしまい、正体がばれて戦闘となる。このときに敵の持っていたスカイフックを入手し初の戦闘となる。その後に初の能力(ビガー)である『デビルズ・キス(DEVIL’S KISS)』も入手。『デビルズ・キス』は敵に火の玉を投げつける技である。長いことお世話になるだろう。

これで武器とビガーが手に入り遠距離攻撃も可能となった。

そもそも主人公デュイットが天空都市に来た切っ掛けは借金である。落ちぶれた探偵、ブッカー・デュイットは多額の負債を背負い、それを返済するために少女を探し出すという任務を受ける。その依頼をこなせば負債は帳消しにしてくれるというのだ。その少女のいる先がまさかコロンビアという天空都市とは……。

「偽りの羊飼い」としてコロンビアに侵入したブッカー・デュイットは少女を見つけ出す捜索を遂行。

ここで少し整理。前2作と世界観も全く異なるので、用語も違って来る。前作まで「プラスミド」と呼ばれていたものが「ビガー」になり、「ファーストエイド」は「ライフキット」になっている。またビガーを使うには「ソルト」といういわゆる魔力が必要になる。ソルトはそこら辺に落ちているソルトで回復が可能なほか、ソルトマシンでいつでも回復可能。ソルトマシンは一定時間を空ければ何回でも回復できる。

今回も前作同様に落ちているお菓子やお酒、タバコを嗜好することができる。お酒を飲めばもちろん酔いが回り視点が定まらなくなる。

前作・前々作との違いは?

前作との違いはこれだけでなく、ライフという概念のほかにシールドも加わっている。シールドは自動回復し主人公を守ってくれる。シールドが破壊されると今度はライフが減少し、ライフがなくなると死亡となる。ただしライフは自動回復しないので、シールドばかりに頼っていると、シールド破壊時に即死ということもある。

1 2 3 4次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。