体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ソルのゲー評】『パズドラ』はもう古い? 完成度が超高いソーシャルゲーム『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』が登場

元の記事:http://getnews.jp/archives/322653

スマートフォンゲームにパズルとRPGを融合させた『パズル&ドラゴンズ(以下、パズドラ)』が人気を集め、今は日本国内で大ブームとなっている。この『パズドラ』人気にあやかろうと数々の亜流ゲームが登場したが、ここに来て亜流とは呼べない全く新しいゲームが登場した。

それはコロプラのブランドKuma the Bearが開発した『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ(以下、クイズウィズ)』というアプリゲーム。この『クイズウィズ』は見た目こそは『パズドラ』っぽいが中身は全く異なるもの。実際にダウンロードして遊んでみたので操作感やインタフェースを見せつつ紹介したい。

まず『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』というタイトルの通り、このゲームはパズルゲームではないのだ。クイズに答えて敵を倒して行くというクイズとRPGを融合させたゲーム。基本は無料で、クリスタルを購入する際に課金ありというシステム。そのクリスタルも一定の条件を満たせばもらうことができるので無課金で遊ぶことができる。その辺は『パズドラ』の課金システムを参考にしたのだろう。

パーティーは5人編成で、それぞれのキャラクターには属性が与えられている。火、水、雷などの属性がおり、ジャンケンのように強弱が決められている。パーティーの有利不利が内容にまんべんなく全ての属性のキャラクターを入れて置くと良いのは言うまでもないだろう。

クエスト進行

ゲームはクエストを進めることにより進行される。1つの街にいくつものクエストが存在し、その全てをクリアしていくことにより次の街へと進める。中には進行とは関係ないボーナスクエストのような物も存在する。レアな敵が入手しやすかったり経験値を得やすかったりお金を獲得しやすいなどクエストにより特性がある。

1つのクエストを開始するには一定の「魔力」を消費する。『パズドラ』で言うところのスタミナである。例えば最初の街のクエストだと「魔力」を3消費する。魔力の初期値は20もないので5回か6回遊んだら魔力が尽きてしまい回復待ちとなってしまう。魔力は時間経過での回復もしくはクリスタルで回復が可能なほか、レベルアップ時にも回復する。

クリスタルの使い道

このゲームは課金によってクリスタルを得ることができる。クリスタルは課金のほか、ステージクリア時にもボーナスとして得ることができる。使い道は、ステージでのリトライ(コンティニュー)、専用ガチャ、魔力回復、持てるカードの数の増加など。重要な役割を持っているので無駄遣いしないで取っておこう。

実際にクエストを開始してみる

実際にクエストを開始してみる。ゲームを進めて行くと敵が現れ戦闘となる。クイズは4択クイズのほかに、並べ替えクイズなども登場する。序盤は誰でも分かる簡単なクイズだが、中盤からかなり難易度が高くなるしいぞ。

クイズはまずジャンルを選択することになる。「生活&雑学」「アニメ&ゲーム」「文系」「理系」などのジャンルを選びまたそれぞれのジャンルには属性がついている。属性のついたキャラが攻撃を担当することになる。つまり「生活&雑学」の雷を選択した場合は、正解時に雷属性のキャラクターが攻撃を行う。

クリア時には報酬として、ドロップカード、お金(ゴールド)、そして経験値を得られる。経験値はパーティーレベルに当てられ、一定以上貯まるとパーティーレベルが上がる。このときにデッキコスト、フォローできる人数などが増加する。また前出でも説明したとおり、魔力が全回復する。

魔導士ランク

レベルとは別で「魔導士ランク」が存在する(魔導師ではなく魔導士)。魔導士ランクがあがると挑戦できるクエストが増えていく。魔導士ランクを上げるにはトーナメントに挑戦し上位にランクインすることにより上昇する。

1 2次のページ
ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy