ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Android端末の非root化アプリ「Universal Unroot」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

root化されたAndroid端末を非rootの状態にできるアプリ「Universal Unroot」がGoogle Playストアでリリースされました。アプリの価格は$0.99。対応機種はAndroid 2.2以上を搭載した端末。Androidをroot化することで、システムアプリのアンインストールやCPUクロックの変更など普段ではできないことを行うことができますが、その反面、キャリア・メーカーの保障が無効になる可能性もあり、端末に不具合が発生してサポート窓口に持ち込んでも対応してくれなかったり、アプリによってはroot状態を認識して利用を停止するものもあります。このアプリはサポート窓口への持ち込みやrootブロックアプリを利用する際にroot状態を解くのに役立ちます。利用方法は、アプリを起動し、「Unroot」ボタンをタップするだけです。画面上にスーパーユーザー権限のリクエストが表示されるので、それに許可を与えます。すると端末が再起動してsuバイナリやSuperuserアプリが削除されます。起動後は非rootの状態になっていると思います。アプリページの説明欄には、このアプリはあらゆるroot端末を非root化できるとなっていますが、もし、非rootにできなかった場合はサポート窓口に問合せを行うことで、15分の返金期限を過ぎたとしても返金に応じ、サポートも提供すると記載されています。「Universal Unroot」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Xperiaスマートフォン・タブレットのスモールアプリに対応した動画プレイヤー「VideoMall for All Small App」がリリース
スマートフォンに話しかけた内容でホーム画面の表示を動的に変化させる新感覚のホームアプリEverything.me Launcher」がリリース(但し、日本では未配信)
FacebookアプリとFacebookメッセンジャーがアップデート、Facebookメッセンジャーはチャットヘッドに対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。