体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『相棒season11』第17話 ビリー(と、安倍晋三首相Facebookの話)

『相棒season11』第17話 ビリー(と、安倍晋三首相Facebookの話)


今回はhokke-ookamiさんのブログ『法華狼の日記』からご寄稿いただきました。

『相棒season11』第17話 ビリー(と、安倍晋三首相Facebookの話)

2月27日に放映された回は、映画『相棒シリーズ X DAY』の予告的な内容であり、映画でバディ役の一方をつとめるオリジナルキャラクター岩月彬がゲストとして登場する。映画を観たsusahadeth52623氏のレビューによると、モチーフも映画と共通しているらしい。

「紅茶の代わりに渋い緑茶はいかが 相棒シリーズ X-DAY」 2013年03月26日 『小覇王の徒然はてな別館』
http://d.hatena.ne.jp/susahadeth52623/20130326/1364225851

シーズン11では劇場版の公開に先駆けてこの劇場版の後日談とでも言えるエピソード「ビリー」が放送されていている。ここでは屋上での殺人、明和銀行の帯封の100万円、動画サイトへの削除依頼、といった同じ要素が出てくる。

同じモチーフを使いつつ、映画の主人公とTVドラマ本編の主人公を対照させ、きちんとミステリらしく展開が二転三転する。制約が多い中できっちり楽しませてくれ、地味に完成度の高い回だった。

ところで寄寓にも、具体的な物語内容が、一ヵ月後に起こった現実の事象とそっくりだった。

「相棒 season11|第17話「ビリー」」 『テレビ朝日』
http://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/17.html

独身で無職の男性・尾藤(桜木信介)の他殺体が発見された。尾藤は財布とは別に「東京明和銀行」の封筒に入った現金100万円を所持。なぜ、そんな大金を持っていたのか?犯人の目的は金ではなさそうだが…。

尾藤がネットの交流サイトFacegoodで複数の携帯電話を使い、「ビリー・ヘンリー」などの名前で複数の外国人になりすましていたことがわかった。その相手である「フレンドリスト」は非表示になっており、見るにはIDとパスワードが必要だ。

そう、安倍晋三首相Facebookのコメント欄に、フランス人「David Stelter」が登場した件である。

「安倍 晋三さんの写真アルバム」 『Facebook』
http://www.facebook.com/photo.php?fbid=325475644242552&set=a.132334373556681.21871.100003403570846&type=1

そんなだからあなたたち韓国人は、現在最も世界で嫌われていて、それをまったく自覚できていない残念な民族なんだよ。

日本は中国、韓国に対してドイツとは比較にならないほどの補償と経済援助を行って、それをあなたたちの国は受け入れているの。それをあなたたちの馬鹿な国家は馬鹿な民衆に伝えずに、いつまでも思想教育で謝罪と賠償を求め続けさせる乞食根性を植えつけているってわけ。

私たちは前を向いて同じ欧州の人間同士あらためて平和に向かって団結し、発展を目指しているのに対して、あなたたち韓国人、中国人は更にしつこくゴネ続けることで金を日本から揺すり取ることしか頭にない、後ろを向いて自国がいかに狂っている国家であるか?ということから目を逸らしているからである。

この韓国人に対するコメントや、その後の中国人に対するコメントが話題となり、「ガジェット通信」の記事にもなった。

「安倍首相のFacebookに韓国人・中国人が反日コメントするも、何故かフランス人が論破した件」 2013年03月16日 『ガジェット通信』
http://getnews.jp/archives/300073
(強調は原文ママ。)

この韓国人のコメントに食いついたのはフランス人(デヴィドさん)でした。

このフランス人による代理ディベートは話題になり、ネット上での反応も様々でした。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。