体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポップカルチャーに関する分科会(第1回)(2013年4月9日)【会議資料・一部文字起こし】

【会議資料・一部】

ポップカルチャーに関する分科会(第1回)(2013年4月9日)の会議資料の一部をご紹介いたします。

ポップカルチャーに関する分科会(第1回)(2013年4月9日)【会議資料・一部文字起こし】

ポップカルチャーに関する分科会(第1回)出席者

ポップカルチャーに関する分科会(第1回)出席者

平成25年4月9日 15:00〜16:00
於:総理大臣官邸3階南会議室

     世耕 弘成      内閣官房副長官
     寺田 稔       内閣府大臣副大臣(クールジャパン戦略担当)
     山際 大志郎     内閣府大臣政務官(クールジャパン戦略担当)
     長谷川 榮一     内閣総理大臣補佐官

構成員
議長   中村 伊知哉     慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授
     河瀬 直美      映画作家
     樹林 伸       漫画原作
     齋藤 茂       (株)トーセ代表取締役社長

事務局
     内山 俊一      内閣官房知的財産戦略推進事務局長

クールジャパン推進会議・ポップカッルチャーに関する分科会の設置について:資料1

資料1
クールジャパン推進会議・ポップカッルチャーに関する分科会の設置について

平成25年4月2日

クールジャパン推進会議議長決定

1.趣旨
 我が国の文化について海外に向けて協力に発信していくためには何が必要なのかについて、若者の視線から提言してもらうことを目的として、若者に人気があり、かつ海外からの評価も高いポップカルチャーの第一線で活躍している方に議論してもらうため、クールジャパン推進会議(以下、「会議」という。)の下に「クールジャパン推進会議ポップカルチャー分科会」(以下、「分科会」という。)を設置する。

2.検討事項
(1)会議において検討されるクールジャパン戦略の推進方策び発信力の強化方策の若者の視線による検討
(2)その他

3.検討体制
(1)分科会の構成員は、若者に人気があり、かつ海外からの評価も高いポップカルチャーの第一線で活躍している人とする。
(2)分科会は、議長が主宰する。
(3上記に揚げるもののほか、分科会運営に必要な事項は、議長が決める。

4.構成員
 議長 中村 伊知哉 慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授
 河瀬 直美 映画作家
 樹林 伸  漫画原作者
 齊藤 茂 (株)トーセ代表取締役社長

ポップカルチャーに関する分科会の運営について(案):資料3

資料3
ポップカルチャーに関する分科会の運営について(案)

平成25年4月9日

ポップカルチャーに関する分科会

ポップカルチャーに関する分科会(以下「本会」という。)の議事の手続その他本会の運営に関しては、以下のとおりとする。

1 2 3 4 5次のページ
ガジェット通信資料室の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信資料室:リークされた資料や官公庁から提供される一次情報、インタビュー全文書き起こし、全録音録画データなどを扱います。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会