体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ポップカルチャーに関する分科会(第1回)(2013年4月9日)【会議資料・一部文字起こし】

【会議資料・一部】

ポップカルチャーに関する分科会(第1回)(2013年4月9日)の会議資料の一部をご紹介いたします。

ポップカルチャーに関する分科会(第1回)(2013年4月9日)【会議資料・一部文字起こし】

ポップカルチャーに関する分科会(第1回)出席者

ポップカルチャーに関する分科会(第1回)出席者

平成25年4月9日 15:00〜16:00
於:総理大臣官邸3階南会議室

     世耕 弘成      内閣官房副長官
     寺田 稔       内閣府大臣副大臣(クールジャパン戦略担当)
     山際 大志郎     内閣府大臣政務官(クールジャパン戦略担当)
     長谷川 榮一     内閣総理大臣補佐官

構成員
議長   中村 伊知哉     慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授
     河瀬 直美      映画作家
     樹林 伸       漫画原作
     齋藤 茂       (株)トーセ代表取締役社長

事務局
     内山 俊一      内閣官房知的財産戦略推進事務局長

クールジャパン推進会議・ポップカッルチャーに関する分科会の設置について:資料1

資料1
クールジャパン推進会議・ポップカッルチャーに関する分科会の設置について

平成25年4月2日

クールジャパン推進会議議長決定

1.趣旨
 我が国の文化について海外に向けて協力に発信していくためには何が必要なのかについて、若者の視線から提言してもらうことを目的として、若者に人気があり、かつ海外からの評価も高いポップカルチャーの第一線で活躍している方に議論してもらうため、クールジャパン推進会議(以下、「会議」という。)の下に「クールジャパン推進会議ポップカルチャー分科会」(以下、「分科会」という。)を設置する。

2.検討事項
(1)会議において検討されるクールジャパン戦略の推進方策び発信力の強化方策の若者の視線による検討
(2)その他

3.検討体制
(1)分科会の構成員は、若者に人気があり、かつ海外からの評価も高いポップカルチャーの第一線で活躍している人とする。
(2)分科会は、議長が主宰する。
(3上記に揚げるもののほか、分科会運営に必要な事項は、議長が決める。

4.構成員
 議長 中村 伊知哉 慶応義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授
 河瀬 直美 映画作家
 樹林 伸  漫画原作者
 齊藤 茂 (株)トーセ代表取締役社長

ポップカルチャーに関する分科会の運営について(案):資料3

資料3
ポップカルチャーに関する分科会の運営について(案)

平成25年4月9日

ポップカルチャーに関する分科会

ポップカルチャーに関する分科会(以下「本会」という。)の議事の手続その他本会の運営に関しては、以下のとおりとする。

1.議事の公開について
(1)本会は原則として公開する。ただし、議長が議事を非公開することが適当であると判断したときは、この限りではない。
(2)本会の議事録は、原則として、会議の終了後、速やかに発言者名を付して公開する。

2.配布資料の公開について
本会で配布された資料は、原則として、会議の終了後速やかに公開する。

3.参考人の招致について
議長は、本会の審議に必要があると認める時は、参考人を招致することができる。

4.運営事項について
前各項に掲げるもののほか、本会の運営に関し必要な事項は、議長が定める。

クールジャパン推進会議の主な発言(第1回):資料4-1

資料4-1
クールジャパン推進会議の主な発言(第1回)

【コンテンツについて】
・経済省と総務省が共同要求している170億の補正予算や500億のリスクマネーについて、日本のコンテンツを海外発信の基盤になるよう有効に使えるようにすべき。日本はプレゼンスが弱まっている中でコンテンツハブになる必要。
・韓国が行なっているコンテンツ施策はよい例。
 
【食について】
人を集める仕組みが必要。例えば、ワインに負けないような最高の日本酒を作るといった話題作りが必要ではないか。その方策を考えるきっかけ作りをクール・ジャパン推進会議が担うべき。
・日本人の目は長けており、また作り手の姿勢は忠実、研究熱心であって、日本のパンやスイーツは世界一。富裕層だけでなくパン・スイーツなどあらゆる階層に受け入れられる日本の良さに目を向けるべき。
・日本のお酒は米から作られている。日本人は民族的に米を通じた大きなつながりの輪になれる力がある。
・イタリアンのように日本の食材を海外でも広く普及させていくべきではないか。海外に日本食レストランはあっても日本食材は使われていない。

1 2 3次のページ
ガジェット通信資料室の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信資料室:リークされた資料や官公庁から提供される一次情報、インタビュー全文書き起こし、全録音録画データなどを扱います。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy