体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新〈月9〉ドラマ「ガリレオ」主題歌は福山×柴咲のKOH+“恋の魔力”! 韓国語版をKARAのハラ歌唱

 

レコーディング中の福山雅治と柴咲コウ

 

4月15日21:00にスタートするフジテレビ系〈月9〉枠の新ドラマ「ガリレオ」の主題歌が、福山雅治と柴咲コウによるユニット=KOH+の新曲“恋の魔力”に決定した。

 

福山雅治

 

東野圭吾の小説〈ガリレオ〉シリーズのうち、「ガリレオの苦悩」「聖女の救済」「虚像の道化師 ガリレオ7」「禁断の魔術 ガリレオ8」を原作とする今回のドラマ。これまでの映像作品に続いて、福山が〈変人ガリレオ〉と呼ばれる主人公の天才物理学者・湯川学を演じ、柴咲も刑事・内海薫役を続投。また、ガリレオの新たな相棒となる新人刑事の岸谷美砂役を吉高由里子が担当することや、今夏に同シリーズの映画「真夏の方程式」が公開されることも大きな話題となっている。

 

柴咲コウ

 

KOH+は〈ガリレオ〉が2007年に同じ〈月9〉枠でドラマ化された際、劇中でコンビを組む福山と柴咲が中心となって始動したプロジェクトで、同番組の主題歌“KISSして”と、翌2008年公開の劇場作「容疑者Xの献身」の主題歌“最愛”を担当。このたび約5年ぶりに復活した彼らによる“恋の魔力”も、作詞/作曲/ギター/トータル・プロデュースを福山が手掛けているという。リリースに関する情報は詳細が決まり次第発表される予定。なお、ドラマのオープニング・テーマは福山の“vs.2013 ~知覚と快楽の螺旋~”に決定している。

ハラ(from KARA)

また、今回のドラマが韓国、台湾、香港といったアジアのほか、北米や欧州を含む世界約70か国で放送されることもあきらかに。各国の視聴者により楽しんでもらえるよう、“恋の魔力”を韓国語と中国語でカヴァーしたヴァージョンが主題歌として使用され、韓国語版は人気グループ・KARAのハラが歌い、プロジェクト名はHARA+(ハラ・プラス)に。中国語で歌うのは台湾で絶大な人気を誇り、数々の音楽賞を獲得している実力派シンガーのA-Lin(アリン)で、こちらのプロジェクト名はA-Lin+(アリン・プラス)となる。なお、福山が海外アーティストとコラボレートするのは今回が初めて。それぞれの仕上がりが楽しみなところだ。

  

福山雅治 コメント

【曲に込めた想い】
ドラマプロデューサーの方から「ガリレオ」というドラマは、人間の業の深さというか重い事件が起こるので、最後は明るく終わりたいというリクエストがありましたので、僕なりの明るいPOPチューンを書き下ろしました。1週間のスタートの日にちでもある月曜日の夜に、これから1週間頑張ろうと思えるようなものになればと。

【歌詞に込めた想い】
前回は内海薫を意識して楽曲を作ったんですが、今回は内海薫もありながら、岸谷美砂のイメージも込めて作りました。

【KOH+に関して】
シンガー・柴咲コウさんとは5年ぶりに一緒にレコーディングをさせていただきました。5年前からあった繊細な表現力のなかに力強さが加わり、今回の歌はほとんど1テイク目でOKだったんです。その集中力と瞬発力が“恋の魔力”には収録されていますので、お楽しみに!

1 2次のページ
タワーレコードの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。