ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国の街にマリオらしいキャラクターが出現! 若者や子どもに大人気

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


韓国の日本人が溢れる街、明洞(ミョンドン)を散策していたところ見たことあるキャラクターを発見。世界中で有名な任天堂のキャラクター、マリオの着ぐるみが店の呼び込みをやっているのだ。

「任天堂オフィシャルショップか?」と思ったがどうやら様子がおかしい。マリオの造形が少し違っており、マリオが被っている帽子のマークも「M」の字ではないのだ。どうやら任天堂非公認の偽物マリオだったようだ。
この偽物マリオが宣伝しているのは『Qplus(キュープラス)』という漫画喫茶のようなカフェ。店内には『Play Station3』や『Wii』が置いてあり、自由に遊ぶことができるスタイル。
値段も6000ウォンとそんなに高くないのだ。

韓国の漫画喫茶、PCバンも似たようなスタイルだが、PCバンはコンシューマゲーム機ではなく、パソコンが設置されている。この『Qplus』はどちらかというとコンシューマゲーム機を遊ぶ店のようだ。

明洞を歩く若者や子ども達は「マリオー!」と手を振って大喜び。記念写真を撮る人まで居たくらいである。

また江南(カンナム)の繁華街には同店の宣伝をするルイージがいた。ルイージの方は人気が無いようで誰からも声が掛けられていなかった。



※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP