ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パンやケーキにアイスを“塗る”新感覚スイーツ! 注目の“ホイップアイス”を食べてみた

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ドーナツ、ロールケーキ、パンケーキなど次々と新しい流行が登場するスイーツ界。暖かい日が続き、本格的な春の訪れを感じるこの頃は、ひんやり甘いアイスが恋しくなってきます。そんな時、ぜひチャレンジして欲しいのがパンやケーキに“塗る”ホイップアイス。

ハワイアン・ローカルフードと、100%ハワイ・コナ・コーヒーが味わえるカフェ“Muu Muu Diner & 100% Kona Coffee”御茶ノ水店で女性を中心に人気を集めているのが、ホイップアイスを使った限定メニューです。


『アイランドパンケーキ With ホイップアイス』880円は、焼きたてのパンケーキにたっぷりのフルーツ、ふんわりとしたホイップアイスをトッピングしたカラフルなメニュー。


バニラビーンズがたっぷりな濃厚なアイスと一緒に、フルーツやふかふかのパンケーキを味わう至福のひととき。何より、あったかいパンケーキと冷たいアイスの“ヒヤアツ”なマッチが最高なんですよね。


『クロワッサン With ホイップアイス』(600円)は、サクサクの焼きたてクロワッサンにホイップアイスを塗って楽しむメニュー。


ホイップクリームの様にふわふわながら、クリームよりも軽くて飽きがこないので、食欲のない時の食事としても良いかも。

“Muu Muu Diner & 100% Kona Coffee”御茶ノ水店の店長、圀宗さんによると、特に人気なのが『アイランドパンケーキ With ホイップアイス』だそうで、フルーツたっぷりのボリュームながら「女性が数人グループでやってきて、1人1皿注文されることがほとんどです。皆さんペロリと召し上がりますよ」とのこと。

ホイップアイスはパッケージを開けた瞬間から、スプーンがすっと入る柔らかさなので盛り付けも楽だと圀宗さん。「春はいちご、夏はマンゴーなど季節のフルーツやナッツをトッピングするメニューも作ってみたいですね」と素敵なアイデアをくれました。

身近なスイーツが大変身! ホイップアイスでデザート作り


ということで、カフェで満喫した、『ホイップアイス』を使ったひんやりスイーツに自分でもチャレンジ。色々な物に塗ったり、ちょい足ししてみましたのでご紹介します。『ホイップアイス』は3月25日より全国のコンビニやスーパーマーケットで発売がスタートする新作アイス。


『ホイップアイス』がこんなにふんわり柔らかい秘密は、乳製品に生クリームを使い、きめ細かくホイッピングして仕上げているから。アイスなので冷凍庫に入れておけば日持ちもしますし、「ちょっとクリームを付け足したいな」という時にすぐ使えるので、お友達が遊びに来た時やお子さんのオヤツにもピッタリです。

・With パウンドケーキ

スイーツショップやコーヒーショップ、コンビニなどで買うことができるパウンドケーキに『ホイップアイス』をたっぷりトッピングして。ケーキを少しレンジやトースターで温めれば“ヒヤアツ”な味わいを楽しめてなおさらGood。

・With ドーナツ、どら焼き

好きなドーナツにトッピングすれば間違いない美味しさ。チョコレートがコーティングされたドーナツが特にオススメです。和菓子のどら焼きとの相性もバッチリなので、目上の方へのおもてなしに使うのもアリです。

・With ポテトチップス

今回様々なものにトッピングしてみて、筆者の個人的なオススメはポテトチップス。ホイップアイスをディップして口に含めば“あまじょっぱい”ハーモニーが抜群。ポテトチップスの味はシンプルな塩味で、固めのタイプだとザクザクとした食感と、柔らかなアイスのギャップがいい感じ。

その他にも、ポッキーに塗って食べたりコーヒーゼリーや杏仁豆腐にのせて食べたりとアイデア次第でバリエーションは自由自在。ぜひ色々な物に塗ってオリジナルレシピを作っちゃいましょう。


『ホイップアイス』は1つ158円(税込)で25日より全国発売スタート。先行発売中のローソンではクロワッサンに「ホイップアイスと相性抜群!」なんて、素敵なコラボレーションが実現しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ホイップアイス
内容量:170ml
参考店頭価格:158円(税込)
カロリー:217kcal/1個

http://www.glico.co.jp/ice/ice/whipice.html

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP