ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Tablet Z SO-03Eのホームアプリやロック画面などをドコモ製からSony Mobile製に変更して本来の姿に戻す方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia Tablet Z SO-03Eはドコモ製品ということで、初期状態ではドコモ独自のロック画面やホームアプリ「Pallete UI」、プレイヤーがデフォルトアプリとして設定されていますが、それをSony Mobile製のものに変更し、本来のXperia Tablet Zの姿に戻す方法を紹介します。変更方法は簡単です。まずは、Xperia Tablet Z SO-03Eの設定メニューを開き(右下の通知バーやドロワーの「設定」アプリをタップ)、左側の列の「Xperia」をタップします。すると、次の画面が表示されるので、「優先アプリ設定」をタップします。この画面では、ホームアプリ、ロック画面、連絡帳、プレイヤー(音楽と動画)をドコモのものかSony Mobileのものか切り替えることができます。デフォルトでは全てドコモのものが設定されており、「一括設定」をタップし、「Xperia」を選択すると全てがSony Mobileのものに切り替わります。タイトル名をタップすると個別に切り替えることもできます。戻す場合はそれぞれ「ドコモ」を選択します。Source : NTTドコモ



(juggly.cn)記事関連リンク
未発表のGalaxy Tab 3 PlusはフルHDのAMOLEDパネルとExynos 5 Octaを搭載?
Samsungが米国で「Galaxy NX」を商標出願、Androidベースのレンズ交換型デジタル一眼の発売を計画?
Xperia Tablet Z SO-03Eのroot化手順

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP