ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

酷派(CoolPad)、エントリー向けクアッドコアスマートフォン「5890」を発売へ、Snapdragon MSM8625Qプロセッサを採用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

QualcomのSnapdragon MSM8x25Qプロセッサを搭載したAndroidスマートフォンが中国の端末メーカー酷派(CoolPad)より発売されるそうです。中国で発売される「5890」は4.5インチqHD解像度のIPS液晶を搭載した比較的大きめサイズのスマートフォン。これにはQualcommのエントリー向けクアッドコアプロセッサ「MSM8625Q」が搭載されています。MSM8625Qは、45nmプロセスで製造されるSoCで、Cortex-A5×4 CPUとAdreno 203 GPUなどを内蔵します。このプロセッサを搭載したスマートフォンが発売されるのは5890が最初ではないでしょうか(定かではありませんが)。価格は990元(約15,000円)。クアッドコアスマートフォンとしてはけっこう安いですね。その他、OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は4GB、カメラは背面に500万画素と前面に30万画素を搭載。バッテリー容量は1,700mAh。本体サイズは129mm×66.8mm×9.5mm。カラバリはブラック、ホワイト、パープルの3種類。Source : Talkphone.cn



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Google日本語入力」がv1.9.1.1393.3にアップデート、大画面タブレットやハードウェアキーボード利用時の不具合が解消
Google、ブラジルで3月27日にNexus 4の発表イベントを開催、日本はその次?
カナダBellがXperia ZLを4月2日に発売予定、Xperia Zも今年夏に発売される予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP