ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“機内安全ビデオ”なのにオール野外ロケ! “ニュージーランド航空”の新作が相変わらずぶっ飛んでる

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


飛行機に乗った際、離陸前に必ず流れる“機内安全ビデオ”。禁煙や電子機器の電源OFFなどの注意事項から、非常事態時の対処方法など大切なことを教えてくれる映像であり、マジメに作られたものがほとんどでした。というか、マジメ以外にどうやって作れっていうの?

そんな、誰もが当たり前だと思っていたマジメな“機内安全ビデオ”に待ったをかけたのが、ニュージーランド航空。客室乗務員が裸にボディ・ペインティングをして登場した衝撃の機内安全ビデオなど、“ぶっ飛んだ”作品を贈り続けています。

ニュージーランド航空の待望の新機内安全ビデオが『アウトドア編 Bear Essentials』。世界的に知られる冒険家ベア・グリルスを起用し、ニュージーランドの南島、フィヨルドランド国立公園近くにある“ルートバーン・トラック”で撮影した大自然あふれる映像です。機内安全ビデオなのに、世界初の全編野外ロケ! 初っていうか誰もやろうとしなかったからじゃ……。

と、そんなつぶやきはさておき。この新作ビデオの出来が素晴らしいのでご紹介します。

※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/299157 をごらんください。

手荷物を座席下にしまう乗客たち。もちろん野外。


酸素マスクは緊急時に上から落ちてくるから安心だね!


救命衣のふくらみが足りない時は、息を吹き込んでふくらまそう。ってあなたの今の状況がヤバイんじゃ。


「当然、トイレの中も全て禁煙だよ」と呼びかけるベア・グリルス。うん、その前に突っ込みどころが多すぎるね。


一通り注意や説明を終えた後はちゃんと席に戻って……。


って、こんな場所にいたのかー!

と、とにかく壮大な内容となっています。ポップに演技しながらも、大切な事はちゃんと説明してくれるベア・グリルスの有能さに驚き。彼は機内安全ビデオを野外で撮影するというアイデアを「画期的だ!」と絶賛しており、「ニュージーランドは私の第二の故郷で、このキャンペーンに参加でき、大変光栄に思います。私たちは本当に素晴らしい舞台で素晴らしいチームと撮影することができました」とコメント。心の底から楽しんでいる様子が伝わってきます。

また、このビデオの中には、ベア・グリルスに加え、ニュージーランドの著名な昆虫学者ルード・クレインペーストや、ケア(ミヤマオウム)、トゥアタラ(ムカシトカゲ)、ニュージーランド固有の昆虫グロウワームや絶滅した飛べない鳥モアも出演しているので、すみずみまで見逃せません。

何より、機内安全ビデオの中でこんなに美しい自然を見せられたら、はやくニュージーランドに着きたくてたまらないはず。機内だけでなく、『YouTube』で日本語版を観ることができるので今すぐチェック。


過去作品の、映画『ホビット』風に演出した『思いがけないブリーフィング』篇や、ニュージーランドのラグビーチーム“オールブラックス”の監督や選手達が登場する『Crazy About Rugby』なども同じく『YouTube』で視聴可能なので、お部屋で旅行気分を味わいつつ、そのセンスを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Bear Essentials of Safety video
http://www.youtube.com/watch?v=5SDeN36VoQ8

ニュージーランド航空Facebookページ
https://www.facebook.com/AirNZJP

※画像は『Bear Essentials of Safety video』(YouTube)より引用。

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP