ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

センチュリー、Android端末でもアプリから利用できるWi-Fi内蔵ポータブルスキャナー「転写パットリくん」を発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

センチュリーは本日3月13日にAndroid端末でも専用アプリを使って利用できるWi‐Fi対応ポータブルスキャナー「転写パットリくん A4 Wi-Fiポータブルスキャナー」を発売します。同社の直販サイトにおける販売価格は16,800円(税込)。転写パットリくんは、最大A4サイズの書類をスキャンして画像/PDFとして保存できるポータブルスキャナー。Wi-Fi機能を搭載しており、ケーブル接続不要で利用でき、また、バッテリーを内蔵しており、外出先など電源がない場所でも利用できます。対応機種はAndroid 2.3.3以上を搭載した端末、iOS 5.0以上を搭載したiPhone/iPad/iPod touch、Windows 8/RT、Mac OS 10.7。AndroidとiOS向けには専用アプリ「iScan Air」が提供されています。スキャナーの給紙方法はオートシートフィーダ方式。スキャン解像度は300dpi/600dpi。スキャン速度はA4サイズ約12秒(300dpi)/約40秒(600dpi)。バッテリー容量は1,500mAhで、駆動時間は約2時間。約400枚の連続スキャンが可能と言われています。無線LANはIEEE 802.11g/nに対応していますが、接続方法がアドホックモードのみなので、無線LANアクセスポイントに接続しての利用は不可となっています。本体サイズは横幅273mm×高さ50mm×奥行き70mm、質量は580g。Source : センチュリー



(juggly.cn)記事関連リンク
2013年1月の国内スマートフォン出荷台数は約92万台、前年同月比で7か月ぶりにマイナス(JEITA調査)
Samsung、Exynos 5410でPowerVR SGX544MPを採用
Samsung GT-P8200(Galaxy Tab 3 Plus)がWi-Fi Allianceの認証を取得

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP