ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

社長がショッカーに誘拐される?サイボウズのエイプリルフール会見でハプニング発生

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


導入企業の1000社突破記念で六本木ヒルズに戦車を呼んだり、プレスカンファレンスにアントニオ猪木さんやアイドルの篠崎愛さんを登壇させるなど、近ごろ悪ノリがお好きな様子のサイボウズ。今度は悪の秘密結社“ショッカー”がクラウドサービス『cybozu.com』を導入、導入3000社目となったことを発表しました。


代表取締役社長の青野慶久氏自身も、これまでスギちゃんと同じ衣装で共演したり、猪木さんの赤い闘魂タオルを首にかけてカンファレンスの告知をするなど、自ら楽しんでいるご様子。今回も同社のCBO(チーフ・ブランディング・オフィサー)を務めるおちまさと氏と共に、ショッカー戦闘員3名と発表記者会見を開きました。

“世界征服”の目標を掲げて日夜活動するショッカー。ゾル大佐や死神博士などの大幹部クラスが各国の征服や怪人の改造といった計画を立案・指揮しています。その下に控える科学班や幹部クラスが現場の怪人、さらにその下の戦闘員に指示を出して征服計画を実行しているのですが、仮面ライダーの登場により怪人が毎週倒されていなくなり、現場の連携がとれなくなって困っていたとのこと。


そんな中、クラウド環境で提供されるグループウェア『サイボウズ Office on cybozu.com』を導入。各国の支部の征服情報や幹部の異動情報、仮面ライダーの新技の情報を掲示板で共有、スケジュール管理や怪人の手術室の施設予約にも活用して成果を上げているとのこと。武器の稼働率が向上したほか、入れ替わりの激しい職場でもメンバー情報を確認して連携がスムーズになったそうです。導入組織の円滑な運用に満足した青野社長とおち氏は、会見の最後にショッカーおなじみの「イー!」ポーズを一緒に決めてご機嫌。

ところがその時! 優れたグループウェア製品を世に送り出す青野社長の手腕に注目したショッカーが、世界征服を実現するために青野社長にショッカーへの加入を要請。青野社長がこれを断ったため、実力行使に出たのが記事最初の写真というわけです。誘拐された青野社長はその後所在が不明とのこと。ショッカーの大幹部“青野社長”が登場するのか、はたまた改造手術を受けて怪人“サイボウズ男”になってしまうのか……それとも戦闘員から下積みが必要だったりして。

『cybozu.com』ショッカー導入事例
https://www.cybozu.com/sp/shocker/

ショッカー×サイボウズグループウェア導入計画編(YouTube)
http://youtu.be/qstFo5coAww

ショッカー×サイボウズグループウェア実践編(YouTube)
http://youtu.be/x263QFgrsIo

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP