ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「Google日本語入力」がv1.9.1362.3にアップデート、マッシュルームアプリに対応、キーボードの高さを調節したり片寄せすることも可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GoogleのAndroid向け文字入力アプリ「Google日本語入力」がv1.9.1362.3にアップデートされました。今回のアップデートで、日本で文字入力時などの拡張機能として頻繁に利用されているマッシュルームアプリに対応しました。マッシュルームアプリはキーボード左下の入力モード切替ボタンを長押すると表示される「マッシュルームの起動」メニューから選ぶことができます。今回のアップデートではマッシュルームアプリへの対応のほかにも様々な機能追加が行われています。まず、キーボードにおいて、キーボードの配色や高さを調節する機能、キーを押したときのバイブレーションの強さと音の大きさを調節する機能、キーボードを左右のどちらかに片寄する機能が追加され、画面サイズやユーザの好みに合わせた入力環境を実現できるようになりました。次に、記号画面とキーボード折り畳みボタンのデザインが変更され、QWERTY配列にカーソルの右移動キーと左移動キーが追加されるなどキーボードの機能変更も行われました。さらに、変換候補には、(Android 4.1以降のみ)Unicode絵文字やキャリア絵文字が追加されました。このほか、入力補正機能や自動部分確定機能、自動かな修飾変換の有効/無効を設定画面で切り替えられる機能などの新機能が追加。Android 4.2以上のマルチユーザ機能を有効にしていたときに、管理者以外のユーザでユーザ辞書の編集や学習結果の保存ができなかった問題が修正されているそうです。「Google日本語入力」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 7専用ドッキングステーションはGoogle Playストアでも販売中
Twitterの公式Androidアプリがv3.8にアップデート、Top Tweet機能が追加、「見つける」タブのプルダウンリフレッシュがより滑らかに動作
SuperBeam : Android Beamで任意のファイルを転送可能、Wi-Fi接続で高速に転送できるAndroidアプリ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。