体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【保育所待機児童問題】杉並区が発表した「対策緊急推進プラン」全文掲載

政治・経済・社会
杉並区が発表した「対策緊急推進プラン」全文

3月5日、保育所待機児童問題を受けて杉並区が「対策緊急推進プラン」を発表したのでここに全文を掲載します。
(資料提供: 杉並区議会議員 堀部やすし氏 https://twitter.com/HORIBE_Yasushi [リンク]

(Google Docs版)待機児童対策緊急推進プラン(杉並区、3月5日発表)

(以下、テキスト版です)

待機児童対策緊急推進プラン(2013年3月5日,杉並区)

待機児童対策緊急推進プラン
-多様な保育サービスを充実し、待機児童をゼロに-

平成25年3月
杉並区

1 プラン策定の背景

(1)この間の保育施設の整備等

○これまで区は、保育の待機児童解消を目指して、保育施設の計画的な整備を着実に進めてきた。その中で、平成20年秋のリーマン・ショック以降の急激な保育需要の高まりに対しては、特にスピード感を重視して進める必要があり、認可保育所のみによる整備が現実的ではないことから、東京都認証保育所や区独自の保育室の整備を中心として保育需要への対応を図り、その結果、待機児童数を一定数に抑えることができた。

○東京都認証保育所や区保育室は、良質な保育を提供する観点から、施設規模を除き、児童一人当たりの面積や職員配置、施設設備については、いずれも認可保育所の設置基準に準じたものとなっている。また、これらの認可外保育施設では、認可保育所よりも長時間の保育を行ったり、心身の発達段階を考慮した教育的プログラムを導入するなど、各事業者が創意工夫を凝らした教育・保育を実施して、保護者の多様な保育ニーズを踏まえた対応に努めている。

○こうした認可外保育施設の利用者負担額については、認可保育所と比べて保育料が高い傾向にあるため、その負担軽減を図る観点から、区では、23区の中でもトップクラスの水準となる保育料補助制度を創設・運用し、保護者ニーズに即した利用を支援しているところである。

(2)保育需要の急激な増加

○区では、昨年3月に、10年後を展望した区政運営の指針となる基本構想(10年ビジョン)を策定し、同時期に、その実現の具体的な道筋となる総合計画(10年プラン)・実行計画(3年プログラム)を明らかにした。この中で、今後の保育施設の整備については、中・長期的な展望に立った認可保育所の整備を核としつつ、認証保育所やグループ保育室や家庭福祉員などの多様な手法による保育施設の整備を進めて待機児童の解消を図ることとしており、平成24年度から、これらの計画に基づいた取組を推進している。

○こうした中で、本年1月1日現在の就学前人口は、前年と比較して約500名の増となった。これに加え、社会経済状況等により就学前人口に占める保育を希望する割合が高まっていることから、平成25年度の認可保育所の入園申込者数は、前年度比約400名増の約3,000名となり、本年2月中旬に実施した第一次選考では、その半数となる約1,500名が入園内定に至らない結果となっている。

1 2 3 4 5次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会