ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

未来型メイドカフェが赤坂に誕生!?『アンドロイドルカフェ』でラブチャージ!!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

正統派萌えからクラシカルな本格的な世界観まで、様々なコンセプトの店舗が揃う東京のメイドカフェシーン。そんな中、「赤坂に変わったメイドカフェができたらしいよ」という情報を耳にしたので探りに行って参りました。

赤坂見附駅から徒歩3分ほどのところにあるビルの1Fにある『アンドロイドルカフェ』は、ホワイトを基調とした広いカウンターが宇宙船っぽい雰囲気。なんでも、タイムスリップした天才少年が、アンドロイド・アイドル=アンドロイドルを2013年にも流行らすために、お店を開いたのだとか。

来店してカウンター席に座ると、メイドたちが「ハロー・ドクター!」と迎えてくれます。でも、なんだか表情ぎこちない…。店にいる助手に尋ねると「彼女たちは感情のプログラムが不完全なので、お客さんとの会話することで「心」を育てていく必要があるんです」とのこと。注文を一度に受けすぎてフリーズしてしまうアンドロイドルもいるそうです。
20分飲み放題1000円(税込)をオーダーしてドリンクを注文すると、メイドが「ラブチャージ!!」と一緒にして貰えます。ただし、「飲む」という機能が実装されていないため、メイドたちのグラスの中身はからっぽ…。
カフェおススメのドライカレーについて、ナース型アンドロイドルのフローラさんにどんな味か訊いてみると「味覚は感知するセンサーは搭載されていません」という返答が。お客側はアンドロイドルに食べ物の感想を教えてあげる必要がありそうです。

今後『アンドロイドルカフェ』ではアンドロイドルだけでなく、アイドルグループのパフォーマンスステージなども開催していく予定とのこと。「歌う」機能が強いボーカロイド型のアンドロイドルを集めたユニットが結成するという野望もあるようです。
赤坂周辺でふらりと立ち寄って数杯アルコールを飲みたいというニーズにも応えてくれそうなスポット。アンドロイドルの成長を楽しむというのも面白そうです。

アンドロイドルカフェ
場所:東京都港区赤坂3-17-1 KDGビル1F
営業時間:平日・17時〜24時  土日:12時〜24時

カテゴリー : エンタメ タグ :
ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP