ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【アキバックス】ぶっちぎりの大容量40800mAhバッテリーが登場! その製品の中身がしゅごい(画像あり)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


今まで数々のバッテリーを紹介してきたガジェット通信。6000mAhクラスから10000mAhや12000mAh、更には飛び抜けて容量の多い20000mAhというバッテリーまで紹介してきた。しかし今回紹介するバッテリーはそれらのどのバッテリーよりも大容量。

なんとその容量40800mAhという、ずば抜けた大容量。しかもバッテリーそのものは日本製(パナソニック)だという。ルックイーストという過去にガジェット通信でも紹介したモバイルバッテリーの新製品バッテリーになる。

しかも今までのモバイルバッテリーとは異なり、ノートパソコンの充電も可能となっており、各メーカーの変換アダプターも付属。この製品は『Power Pond Pro』というバッテリーで、外観はルックイーストが既に発売している『Power Pond』に似ており、違いは大きさとノートパソコン用出力、そして液晶にて残量が確認できるようになったことだ。残量の他に出力ボルテージも表示される。ボルテージは接続している機器によって自動的に変更される。長期間の旅行や外出に最適なバッテリーではないだろうか。

このバッテリー秋葉原の『三月兎』2号店にて実物が展示されていたので、実際に見てきたぞ。お店の人の話によると「これまでに既に10個以上売れている」と説明。発売が2月9日なのでそこそこ売れている方ではないだろうか。ちなみに値段は2万9800円だが、コストパフォーマンスは良い方だろう。

先ほども説明したようにパナソニック製のバッテリーが使われているらしいのだが、中身を見てみると凄い事が判明。

なんと中身はパナソニックのリチウムイオンバッテリー(NCR18650B)が12本も接続されているのだ。このリチウムイオンバッテリーは1本3400mAhなので、12本分合計すると40800mAhとなるわけだ。ノートパソコンに接続する変換コネクタは12本付属しており、自分のパソコンに合う物があるのかを確認しておこう。

USB端子は2つとなっておりそのほかパソコンと接続する出力ポートも別途用意されている。付属物は専用ACアダプタ、12個のパソコン変換コネクタ、ケーブルとなっている。

多少かさばるが、長期間の旅行に行く人は是非これを持っていくと良いだろう。実物を見たい人や、更に詳しく話を聞きたいという人は秋葉原の『三月兎』2号店さんに行ってみよう。また、アマゾンでも販売開始されてるぞ。

今手元にある『Power Pond』も、もしかしてパナソニックのバッテリーが……。

『iPhone』『iPad』充電に重宝する大容量バッテリー特集! なくなる前にいそげー






『三月兎』2号店
住所:東京都千代田区外神田1-5-7 宝ビル1F

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP