ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MWAM、新シングル“Emotions”が実写映画「HK/変態仮面」主題歌に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 


「HK/変態仮面」 (C)2013「HENTAI KAMEN」製作委員会

 

92年から93年にかけて週刊少年ジャンプに連載された、あんど慶周の伝説的コミック「究極!!変態仮面」を原作とする実写映画「HK/変態仮面」の4月公開が決定。この作品の主題歌が、2月20日に発売となるMAN WITH A MISSIONのニュー・シングル“Emotions”であることがあきらかとなった。

 


MAN WITH A MISSION

 

昨年11月の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」公開時に作品情報が一切含まれない映像が上映され、大きな反響を呼んでいた「HK/変態仮面」。原作ファンの俳優・小栗旬の声掛けに、TVドラマ〈勇者ヨシヒコ〉シリーズや「コドモ警察」などを手掛けてきた福田雄一が共鳴し、初の映像化が実現したもので、変態仮面に変身する主人公の色丞狂介役は、脚本にも携わった小栗の盟友・鈴木亮平が担当。初の映画単独主演となる鈴木は、変態仮面の筋肉質な肉体を実現するために体重を15kg増やし、そこから脂肪を削ぎ落とす身体作りに1年以上取り組んだという。また、ヒロインの姫野愛子は「仮面ライダーフォーゼ」の城島ユウキ役で注目された清水富美加が演じ、ほかにもムロツヨシ、安田顕、佐藤二朗、池田成志、塚本高史、岡田義徳、大東駿介らがキャストに名を連ねている。

「ミュージックステーション」への出演も決定するなど、その勢いをさらに加速させているマンウィズが、自身の楽曲を映画の主題歌に提供するのは今回が初めて。〈MAN WITH A MISSION=使命を持った男〉と〈変態仮面=正義の使命を持ったヒーロー〉という、使命を背負った者同士のコラボレーションが実現することとなった。また、劇中では挿入歌としてヴェテラン・ロック・バンドのANTHEMが書き下ろした楽曲“Blast”が使用されることも決定しているとのこと。

「HK/変態仮面」は4月6日に新宿バルト9で先行公開がスタートし、同月13日より全国ロードショーの予定。映画のYouTube公式チャンネルにて“Emotions”が流れる予告編の視聴も可能となっているので、MWAMファンはチェックしてみよう!

★「HK/変態仮面」の予告編視聴はこちらから

★MAN WITH A MISSIONの「ミュージックステーション」出演についてのニュース記事はこちらから

 

Jean-Ken Jhonny(MAN WITH A MISSION) コメント

映画「変態仮面」ノ主題歌ニ我々ノ楽曲“Emotions”使ワレル事ニナリ、光栄極マリナイデス。
主人公同様我々モ容姿デ誤解サレル事ガ多イコノ世ノ中、シカシ大事ナノハ心デアリ情熱、
マサニEmotions。皆様、是非映画モ楽曲モ楽シンデ下サイ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP