体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「アベノミクス」を批判ばかりする学者や評論家の不思議~なぜ「岩戸景気」以来54年振りの株価上昇局面を創出した現実を評価しないのか

「アベノミクス」を批判ばかりする学者や評論家の不思議~なぜ「岩戸景気」以来54年振りの株価上昇局面を創出した現実を評価しないのか

今回は木走正水さんのブログ『木走日記』からご寄稿いただきました。
※すべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/288764をごらんください。
※この記事は2013年02月04日に書かれたものです。

「アベノミクス」を批判ばかりする学者や評論家の不思議~なぜ「岩戸景気」以来54年振りの株価上昇局面を創出した現実を評価しないのか

アベノミクス効果がすごい展開になってきました。

1日の株式市場で日経平均株価は52円高の1万1191円と昨年来の高値を更新しました。一週間(1月28日~2月1日)の日経平均株価は264円(2.4%)高と12週連続で上昇しています。

12週連続の上昇は1958年12月~1959年4月の17週連続以来、ほぼ54年ぶりの長さとなりました、1958年と言えば戦後最長の「岩戸景気」が始まった年です。

高度経済成長期以来の記録に迫りつつある原動力は、もちろん安倍晋三政権のデフレと円高からの脱却を目指す政策、所謂「アベノミクス」への期待感であります。

2012年11月の衆院解散を起点とする日本株上昇の主役が、海外機関投資家による「実需」の買いであることは明らかです。

東京証券取引所が24日発表した13年1月第3週(15~18日)の投資部門別株式売買動向(東京・大阪・名古屋3市場)によると、外国人投資家は12年11月第2週(12~16日)以降、10週連続で買い越し、この間の累計買越額は2兆7500億円強に達しています。

「衆院解散を起点」と記しましたが、より正確に日付を特定すれば野田首相(当時)が国会にて安倍自民党総裁に「衆議院解散」をはっきり言明した2012年11月14日が起点といってよいでしょう。

2012年11月14日から2013年2月1日までの日経平均株価の推移をあらためて確認しておきましょう。

表1:日経平均株価推移(2012年11月14日~2013年2月1日)

「アベノミクス」を批判ばかりする学者や評論家の不思議~なぜ「岩戸景気」以来54年振りの株価上昇局面を創出した現実を評価しないのか

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/abe01.jpg

ご覧のとおり、この2ヵ月半の間、株価は上昇基調をほぼ保ち続けています、8664.73円から11191.34円と29.16%の上昇です。

高度成長期と状況が大きく違う点の一つは外国為替の経済への影響度でしょう。

1日午後の東京外国為替市場では1ドル=92円台前半と約2年8カ月ぶりの円安・ドル高水準をつけています。

この期間での円相場の推移を確認しておきましょう。

表2:円ドル相場推移(2012年11月14日~2013年2月1日)

「アベノミクス」を批判ばかりする学者や評論家の不思議~なぜ「岩戸景気」以来54年振りの株価上昇局面を創出した現実を評価しないのか

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/abe02.jpg

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。