体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

英数字を180度回転して表示する方法

英数字を180度回転して表示する方法

今回はFumiaki Nishiharaさんのブログ『Colorless Green Ideas』から転載させていただきました。
※記事のすべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/287385をごらんください。

英数字を180度回転して表示する方法

概要
twitter→twitter(↓)のように英数字を180度回転する際に役立つ情報を掲載。この他、TeXで文字を回転して表示する方法についても。

どうやって180度回転するか

“twitter”を“twitter(↓)”に、“7-11”を“7-11(↓)”にするように、英数字を180度回転させて面白おかしく見せるという遊びがある。これは、英数字をひっくり返した形とよく似た文字を使っている。例えば、“M”を実際にひっくり返すかわりに、これをひっくり返した形によく似ている“W”を用いるのである。

自分でひっくり返した形を見つけるのは面倒だろう。だが、簡単に180度回転ができるウェブサービスが提供されており、これを使えばすぐにひっくり返してみせることができる。また、この記事に、英数字をひっくり返した形とよく似た文字の一覧を付けたので参考にしていただければ幸いである。

なお、ひっくり返した形とよく似た文字を使うのは、あくまでもお遊びである。(人間の眼からすると、“twitter(↓)”が“twitter”をひっくり返したものだということはすぐに分かるが、計算機にとっては“twitter(↓)”は“twitter”と関係があると認識できない。計算機が認識できない形だと、検索もできないし、情報を活用する際に困ってしまう。)

真面目な目的(対面して行うボードゲームのルールの説明の時など。)があって文字を180度回転させたいのなら、別の方法を用いるべきである。例えば、この記事の末尾にTeXを使って文字を回転させる事例を挙げたので参照されたい。

自動的に180度回転を行うウェブサービス

英数字を180度回転して表示できるウェブサービスを2つ紹介しよう。これらのウェブサービスを使うと、簡単に“twitter”を“twitter(↓)”のように改めることができる。いずれも英語で書かれているウェブサイトだが、入力欄に英数字を入れれば良いだけなので、英語が分からなくても問題なく使えるだろう。

『Rot180 encorder』サイト
http://www.logarithmic.net/pfh-files/blog/01173253837/rot180.html

『Lunicode』サイト
http://lunicode.com/flip

180度回転した出力は各サービスで微妙に異なる。例えば、以下の英大文字・英小文字・数字・句読点を変換してみる。

ABCDEFGHIJKLM

NOPQRSTUVWXYZ

abcdefghijklm

nopqrstuvwxyz

0123456789

.,-:!?&

Rot180 encorderの場合、次のように出力される。(2013年1月26日:誤字修正)

英数字を180度回転して表示する方法

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/tw180_01.jpg

Lunicodeの場合、次のように出力される。

英数字を180度回転して表示する方法

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/tw180_02.jpg

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。