ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile C530Xの名前は「Xperia SP」、C210Xの名前は「Xperia L」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobile未発表のXperiaスマートフォン「C530X」と「C210X」の製品名がインドネシアの認証機関が公開した認証情報より判明しました。認証情報には、「C5302」は「Xperia SP」、「C2105」は「Xperia L」と記されています。Sony Mobileの2013年モデルは対応周波数や通信方式で型番末尾の数字が変わるだけなので、「C530X」は「Xperia SP」として、「C210X」は「Xperia L」として展開されることになると予想されます。同時に認証データベースに登場したということは、どちらも同時期に発売される予定なのかもしれません。「C530X」は、”Huashan”というコードネームを持ち、HD解像度のディスプレイ、1.7GHz駆動のSnapdragon S4プロセッサ(GPUはAdreno 320)を搭載したAndroid 4.1.2スマートフォン。約1年前に発売された「Xperia S」に名前が似ています。Xperia Sの後継であることを意図したネーミングなのかもしれません(単なる予想です)。「C210X」は、FWVGA解像度のディスプレイ、1.2GHz駆動のSnapdragon S4プロセッサ(GPUはAdreno 305)を搭載したAndroid 4.1.2スマートフォン。スペックからエントリー~ミッドレンジクラスの機種と見られています。Source : POSTEL



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、モバイルバッテリーとしても使えるポータブルワイヤレスサーバー「WG-C10」を発表
NTTドコモ、「Galaxy Note II SC-02E」、「Galaxy S III α SC-03E」、「MEDIA U N-02E」、「N-02E ONE PIECE」、「ARROWS V F-04E」のソフトウェアアップデートを開始
NTTドコモ、「Xperia AX SO-01E」のソフトウェアアップデート(9.0.G.1.76)を本日6時以降に配信予定、スリープから復帰しないバグに対処

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP