ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

君も城主にならないか? 京都・二条城で新城主募集中

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


京都市の中心に位置し、雄大かつ荘厳な姿でランドマークとなっている二条城。1603年に徳川家康が築城し、徳川幕府創設の祝宴、徳川家康と豊臣秀頼の会見、大政奉還などさまざまな歴史ドラマの舞台となった名城だ。その二条城で現在あらたに城主を募集している。あくまで大改修に向けて、募金が前提の“一口城主”ではあるが。

およそ20年の歳月をかけ、28棟ある文化財建造物をはじめ城内全ての歴史的建造物を修理、整備していくこの事業、一口城主の出資額は1000円から。“一国一城の主”とはいかないまでも“一口一城の主”になれるのは男のロマンだ。名刺なんかの肩書きに「二条城城主」とか書くのもなんだかカッコいい話ではないか。


一口城主は額に応じてインターネット上で名前が記載されたり入城証がもらえたり、修理風景を見学できたりといった特典がある。

募金方法などの詳細は『世界遺産・二条城一口城主募金案内サイト』を参考にしてほしい。

http://www.city.kyoto.jp/bunshi/nijojo/bokin/bokintop.html

※画像は『世界遺産・二条城一口城主募金案内サイト』から引用しました

※この記事はガジェ通ウェブライターの「中将タカノリ」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP