体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

福山潤&鈴木達央「見た目的にIカップ」魔王のバストについて真剣トーク! まおゆう『駄肉祭』イベントレポート

エンタメ

1月よりテレビアニメの放送を開始した『まおゆう魔王勇者』。その放送直前の12月29日にキャスト陣が登壇し、第1話の先行上映や、作品・キャラクター紹介、さらにラジオの公開録音など盛りだくさんのイベント『駄肉祭』が開催されました。

当日登場したゲストは魔王役の小清水亜美さん、勇者役の福山潤さん、メイド長役の斎藤千和さん、メイド妹役の東山奈央さん、冬の王子役の平川大輔さん、女騎士役の沢城みゆきさん、軍人子弟役の鈴木達央さん、女魔法使い役の福圓美里さん。

『まおゆう魔王勇者』は、2ちゃんねるに投稿された即興小説をほぼそのまま書籍化するというプロジェクトのアニメ化。魔王と勇者が契約を結び、戦争に依存した社会秩序を正していこうと試行錯誤するという一風変わった冒険物語。書籍は完結していますが、複数の漫画化作品や声優による朗読劇など様々な試みが行なわれています。

イベントでは福山さんが作品について「魔王と勇者の関係性が、戦うだけでなくこんな先でこんなことがあればこうなるんじゃないかという、RPGの中の単なる魔王と勇者ではなく群像劇であり、何よりも人間があの丘のむこうに何があるのかを一緒に見るストーリーです」と台本もなく軽快に説明すると会場から大きな拍手が送られ、小清水さんからは「詐欺師になれますよ(笑)」とからかわれる一幕も。

キャラクターの説明で小清水さんは「魔王という言葉からごつい感じを連想しますが、可愛らしい見た目の魔王様です。ただ人間ではないので見た目以上に長く生きています」と紹介。そして福山さんは「魔王を倒しに魔界に乗り込んだ最強の人間。我々の世界では30を超えて心も体もきれいなままだと魔法が使えるという現象がありますが……心も体も綺麗なままです。そういう勇者です」と会場を笑わせました。

沢城さんは女剣士について「勇者のことが好き。以前同じパーティーで旅をしていた片腕的、相棒的な存在です」と紹介すると女剣士と魔王で勇者をとりあう場面も。福圓さんは「駄肉がないのが売り。3つの人格があります。勇者が好きだけど勇者が幸せならばいいという重たい人だと思います」、平川さん「冬の国の王子様です。貧困にあえいでいる国の中で憤りを感じています。まだまだ青臭いところがあって、色々悩みを抱えていますが一番の悩みは執事に翻弄されることです」、そして鈴木さんは「ござるです。それ以上に説明のしようがなくて、それ以上でもそれ以下でもないというのが軍人子弟です」とそれぞれ紹介。

福山さんがパーソナリティを務める『らじゆう ラジオ勇者』の収録もゲストに鈴木さんを迎えて実施。オープニングでは軍人子弟を魔物にして某ゲーム(どんな感じかは配信されているラジオをお聞きください)のように戦うことに。『踊る』のコマンドを選んだ福山さんは腰を振りステージ上を踊りながら一周するとそれに合わせ手拍子が。続けて鈴木さんが攻撃側に移り「おいくつ(年齢)でしたっけ?」と問いかけるとその一言が会心の一撃となりゲームオーバー。収録を最初からからやり直すことになり会場は大爆笑。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会