体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

賢プロ新人声優とフラッシュ職人がつくるゆるーいアニメ『にゃんころり ~けんぷろ3姉妹の場合~』収録現場レポート

にゃんころり

フラッシュアニメーション『にゃんころり』とは?

かつてインターネットで隆盛を誇ったフラッシュアニメーション。現在では様々な分野で活躍している、00年代のウェブ文化を創りあげた人たちが、自分のホームページで作品を公開していた時代があったのだ。そのクリエイターたちと賢プロダクション(以下、賢プロ)の新人声優がタッグを組んで作られたのがこのフラッシュアニメ『にゃんころり ~けんぷろ3姉妹の場合~』(以下、『にゃんころり』)だ。

『にゃんころり』は、毎月3日と18日の月2回、ニコニコチャンネル『にゃんころりチャンネル』(http://ch.nicovideo.jp/nya)で更新されている短編アニメ。賢プロの新人声優3人が演じる、ロリータ服を着た猫の三姉妹がゆるーい会話をしたり、ギリギリな会話をしたり、賢プロの先輩声優が遊びにきてみたりする癒し系(?)アニメだ。

監督は映像上映イベント『FRENZ』の主催である前田地生さん、キャラクターは『はちゅねミク』の生みの親であるイラストレーターの雪乃たまごさん、脚本は『ニコニコ大百科』でおいしそうな食べ物イラストをたくさん描いているkichiさん、アニメーションは『チルノのパーフェクトさんすう教室』や『魔法陣ゴルァゴルァ』などのフラッシュアニメを多数制作している宇田てとらさん、音楽は多数の東方Project楽曲アレンジやVOCALOID曲『しねばいいのに』を制作したどぶウサギこと坂本悟史さん、ロゴは100万再生を誇るボーカロイドPV『ローリンガール』やその他多数の作品を制作しているyama_koさん。この6人に共通しているのは、なんと全員が『ニコニコ大百科』に項目があるという点。『ニコニコ動画』はもちろん、かつてフラッシュアニメが大流行した時代にも活躍した有名なクリエイターたちによる手作り感溢れる作品なのだ。そしてその作品で三姉妹として活躍するのは、賢プロ所属の稲川英里さん北原知奈さん内藤有海さんの3人。3人は賢プロダクションが主催する声優オーディションのグランプリを獲得した新人声優たち。キャラクターデザインには声優自身の好きなものや特徴が取り入れられるなど、キャラクターと声優がシンクロしている部分もあるのだ。そんなアニメ『にゃんころり』の制作現場を少し覗いてみよう。

チーム感のある和気あいあいとした収録現場

収録中

現場には記者を除く7人という少人数でこの日の収録が行われた。声優の稲川英里さん、北原知奈さん、内藤有海さんの3人のほかに、監督の前田地生さん、脚本のkichiさん、アニメーションの宇田てとらさんと、賢プロのマネージャー槙野真也さんという7人。槙野さんはマネージャーでありながら音声収録もこなし、収録スタジオも賢プロの社内スタジオで行なっているという低予算ぶりだ。少人数のため制作スタッフと声優の距離が短く、作品に対するお互いの意見を直接交わす場面が多く見られた。渡された台本を手に、セリフの読み方をチェックしたり、収録がプレスコ(声の収録後にアニメーションを作る方式)だったため、キャラクターがどういう動きをしているのかなどを確認していたぞ。

収録が始まり声優の3人が収録ブースに入ると、それまでのにぎやかな現場が急に静まり返り役者モードに切り替わるのに気づいた。打ち合わせや雑談の声もいい声だなあと思いながら聞いていたのだが、収録中の音声を聞くと「あ、これ『にゃんころり』だ! ネットで聞いたやつの本物だ!」という声でセリフを読み始めて、声優ってすげー!と改めて感じた。

インタビュー ~けんぷろ3姉妹の場合~

稲川英里さん

長女スイミー役 稲川英里さん
好きなもの:
ポテチ、緑茶、音ゲー、ダンス、読書
声優として今後やってみたいこと:
「子ども向けの番組で活躍できるようになりたいです。あと、動物や無機物などの人間じゃないキャラクターを演じたいです」。
『にゃんころり』の魅力:
内容もそうなんですけど、セリフがおもしろいです。アニメーションも動きが細かいし、ギリギリのラインのネタがあるのでおもしろいです。

1 2 3次のページ
デジタル・IT
srbnの記事一覧をみる

記者:

ネットで流行っているものを追いかけていたら、いつの間にかアニメ好きになっていました。 http://com.nicovideo.jp/community/co621

TwitterID: srbn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。