ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、「Honey Bee 201K」を1月25日に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは1月23日、2013年春モデルのスマートフォン新機種「Honey Bee 201K」を1月25に発売すると発表しました。Honey Bee 201Kは、女子中高生向けHoney Beeスマートフォン第2弾で、下り最大76Mbpsのデータ通信サービス「SoftBank 4G」に対応したAndroidスマートフォン。ポップでかわいらしいカラーリングとラウンドフォルムのコンパクトなボディに、3.7インチ800×480ピクセルのTFT液晶、Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHzプロセッサ、2,000mAhバッテリーを備えるなど、画面サイズが拡大し、スペックも向上しています。本体右上に備えられた大きめのストラップホール「ちょい足しリング」と自分撮りで明るく撮影できるフロントカメラ用のライトも追加されています。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)で、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線、防水(IPX5/X7)などの定番機能にも対応。ソフトバクが12月15日より行っているテザリングサービスも利用可能です。RAM容量は1GB、内蔵ストレージの容量は4GB、外部メモリはmicroSD/microSDHC/microSDXC(最大64GB)に対応します。カメラは背面に800万画素CMOS(AF、顔認識、手ぶれ補正対応、フラッシュ付き)、前面に200万画素CMOS(フラッシュ付き)を搭載。通信機能はWi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、DLNA、FeliCa、赤外線通信に対応。本体サイズは121mm×57mm×12.9mm。質量は129g。カラバリはピンク、ホワイトピンク、オレンジ、グリーン、グロッシーパープルの5色。なお、、Honey Bee 201Kを購入した方を対象に、専用の応募サイトから正解のキーワードを入力すると、Honey Beeキャラクターの「ちょい足しマスコット」がもれなくプレゼントされる「Honey Beeデビューキャンペーン」が実施されます。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
Android端末のシステムラグを軽減してくれるアプリ「Lagfix」がGoogle Playストアで公開
NTTドコモ、Xperia Z SO-02Eなどスマートフォン2013年春モデル4機種の予約受付を本日より実施
日本通信、「スマホ電話SIM」のデータ通信オプションの提供プランを改定、月額980円の低価格プランも提供

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP