体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

極寒地獄! 年越し48時間ウォーキングに挑戦 感動のゴールでリスナーも大号泣(動画あり)

ウォーキングは健康に良いとされていている。しかしそれが2日間一睡もせずに48時間連続で歩くとどうなるのか。2012年の年末にチャレンジしてみた。スタート場所は東武東上線にある埼玉県の小川町という駅。駅には参加者9名が集まった。見送りにきてくれた筆者のニコ生リスナーや裏方(パソコンの充電など)のスタッフも待機してくれていた。スタートは12月30日の15時。

ルールは明確である。

・48時間決して寝てはいけない
・長時間の休憩禁止
・脱落したら罰金1万円

そう、ひたすら孤独に耐え歩くのが今回の目標だ。そのために過酷なルールにした。果たして何時間かかることやら。

しかし12月の年末だけあって気温は5度と大変寒い。おまけに天候は雨。傘をささないとびしょ濡れになるほどの大粒の雨がザーザーと音を立てて降っている。非常に心打たれる雨である。
15時20分、参加者の自己紹介をしたあと小川町駅をスタート。次の中継地点である武蔵嵐山駅を目指すのだが、しょっぱなから電波は入らないし雨で靴の中はぐしょぐしょだ。全員がずぶ濡れになりながら歩く。

まだ始まったばかりだが次の駅までの道のりが遠い。本当に遠い。濡れた体に冷えた風が当たり、我々をより凍えさせるのだ。

そして日は落ち闇がやってきた。

冷え切った体に濡れた靴下がつらい。歩いても歩いてもゴールの池袋は遠かった。足の裏だけではない、腰や背中にきしむような痛みが広がり、一歩一歩進むたびに襲って来る。そして休憩をすると余計に足に疲労が溜まりどんどんと痛くなる。

ようやくゴールの池袋に辿りついたのはちょうど大晦日の日の午後19時30分過ぎ。スタートしてからおよそ30時間が経過しようとしていた頃にようやく到着したのであった。しかし自らの力だけで60キロ近い距離を克服できたのには自分自身驚いた。他の9名の参加者のうち途中でギブアップした者はたったの2名(こちらからのドクターストップのため罰金は無し)。みんな限界の中でのゴール。小さな中華料理屋で祝杯をあげる。

スタートして約30時間後にゴール地点の池袋に到着

リタイヤせず目標を達成して安堵の表情を見せる参加者A

みんなお疲れ様でした

と、ここで終わればよかった。そう、この時点で東武東上線の小川町~池袋まで歩く1つの目標は達成したのだが今回は「48時間ウォーキング」と題にあるとおり48時間を歩ききらなければならない。
ここからは記者一人で世田谷区にある千歳烏山駅(ちとせからすやまえき)まで歩いた。しかしここからはさらに筆舌に尽くしがたい地獄であった。歩くのにバランスが取れず千鳥足でヨタヨタと酔っぱらいのように歩かざるを得ない、おまけに片手に配信用のパソコンもあったのでずっと画面を見ながら喋り続けている。大晦日の夜0時をすぎ遂に正月がやってきた。

1 2次のページ
横山緑の記事一覧をみる

記者:

暗黒放送Pの横山緑(フリージャーナリスト)は言論弾圧を許さず、マスコミどもが目を背けるニュースを記事にする日本執筆倶楽部2位のプロのライターだ。仕事よこせ!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会