ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これがシャフトの新作だ! 超引きこもりヒロインと変態お兄ちゃんの非日常系アニメ『ささみさん@がんばらない』クロスレビュー[8/10点]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


2013冬アニメクロスレビュー『ささみさん@がんばらない』

引きこもりの「ささみさん」と奴隷体質の「お兄ちゃん」のささやかな生活に降りかかる、八百万の神々による怪奇現象。そして、個性あふれる「邪神三姉妹」とのありえないラブコメ。そんな日常系として描かれる非日常の物語。

アニメーション制作/シャフト
監督/新房昭之
声優/阿澄佳奈、斎藤千和、花澤香菜ほか
1月11日よりスタート
TBS 毎週木曜日 25時25分~
公式サイト:http://www.tbs.co.jp/anime/sasami/[リンク]

『ガジェット通信』冬アニメクロスレビュー 記事一覧はこちら

総合得点 平均

8/10点(レビュアー 4名)

鬼嶋 ピロ のレビュー

演出 10
脚本 9
作画 10
OP / ED 10 
やはり新房監督&シャフトのタッグは素晴らしい度 10 
-----
総合 10

タイトルは知っていたけど内容は知らなかった今作、ささみさんwどストライク入りましたwww
主役のささみさんのアスミンは勿論ですが、お兄ちゃんが芳忠さんだとはwwwしかも変態wwwやさぐれアスミンとちょっとズレた変態芳忠お兄ちゃんの組み合わせは予想外に良いですなwww
そして新房監督とシャフトのタッグは好きな人には間違いない作品ですよね、当然のように俺もその一人ですww
作画クオリティの高さやヌルヌル動きまくりな画、そして台詞や演出の面白さでストーリー背景がまだわからずとも全然問題なく置いてかれつつも喰らいつきたくなる、とりま後で調べようと思わされたのは俺だけじゃないハズww厨二的な戦闘空間はクオリティにただただ圧倒されたww
そしてささみさんをはじめ、3姉妹も可愛いのが素晴らしいですねwwwEDは毎回こんな感じなのかww楽しみであるww

アニ二郎探検隊 のレビュー

演出 8
脚本 7
作画 8
OP/ED 8
お兄ちゃんが一番変度 10
-----
総合 7

ささみさん超ひきこもり。何をするのも頑張らない。ご飯を食べさせるのも着替えもお風呂もすべてはお兄ちゃんの仕事。
その何気ないシーンですがとても細かく描かれていましたね。でもささみさんパンツ履くシーン無かったよね。そんな履いてないかもしれないささみさんが引きこもってやってる日課は超ハイテク装置でお兄ちゃんの監視。
そして何故か世界が改変され、急展開でバトルシーンに突入して、美人三姉妹が何とかして終了!完全に予想を覆されたので次週も見ます。

ジョージ・レックのレビュー

演出 8
脚本 7
作画 8
OP/ED 8
映画泥棒みたいな兄 9
-----
総合 8

シャフトだ!新房だ!斎藤千和だ!引きこもり美少女のラブコメかと思ったら、後半に来て怒涛の戦闘シーン。なんでしょうバトルものなんでしょうか。どういうお話なの。
主人公の兄妹の苗字が「ツクヨミ」で、他の三姉妹の名前も「三種の神器」から来てる感じなので神話物なのか?引きこもりの神様と言えばアマテラスだな。ささみさんはアマテラスなのか?アマテラスとツクヨミは姉弟だね。みたいな情報が詰め込まれた1話だけど、若干不親切感は否めない。突き放されたって感じる人も多いかもね。とはいえ視聴側もちょっとは頭使えよ。言わせんな恥ずかしい。バンキシャより大塚芳忠の声を堪能できるので、それだけでも視聴継続の価値アリ。

srbn のレビュー

演出 8
脚本 7
作画 7
OP/ED 9
やる気 2
-----
総合 7

がんばらない、といいつつちょっとがんばってみたささみさん。そのぐらいのがんばりでいいのですよ、ささみさん。ちょっとずつでいいからね。ささみさんが、がんばったりがんばらなかったりを眺める日常系かと思いきや、なんかチョコレートに現実世界をハッキングされてるし、そりゃがんばる気も失せますよね。シャフトっぽい演出と声優構成が好きな人は是非。エンディング好きです。阿澄佳奈さんが最近いろんなことをやっているので、こちらも楽しみにしています。

レビュアープロフィール

鬼嶋 ピロ

業界の隙間でぬるっとなんやかんやしてるアニヲタDQNですw

アニ二郎探検隊

アニメの流通も手がける某企業に勤務する元イベント屋の30代

ジョージ・レック

古いアニメから最新のアニメまで広く浅く監視中。ロボット・能力バトル・恋愛・日常…なんでも食う系男子。好きなアニメは「聖闘士星矢」「輪るピングドラム」「ぱにぽにだっしゅ!」

srbn

OPやEDに弾幕が流れるようなアニメをよく観ていますよ。

ガジェット通信の記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP