ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Adobeが『Photoshop CS2』や『Illustrator CS2』などを無償提供? Adobeは否定

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


Adobeの主要製品であるレタッチソフト『Photoshop CS2』やドローソフトの『Illustrator CS2』、更には『 Premiere Pro 2.0』『Creative Suite 2』などが無償提供されている。理由としてはCS2のアクティベーションサーバーを止めるために今回の無償提供に踏み切ったとのことだ。ソフトを入手するにはAdobeIDに登録する必要があり、ログイン後にソフトをダウンロードし入手したシリアルキーを入力すれば使用可能。アクティベーションサーバーが止まっているため、今までの様なアクティベートは必要無くなるという。

当初は英語版だけだったが、日本語版も提供開始されはじめた。しかしながら大勢の人が押し寄せたのが原因で、現在はシステムメンテナンスを行っている。期間限定というわけでも無さそうなので復旧を待って落ち着いてダウンロードしよう。

ちなみに『Creative Suite 2』を導入すれば旧マクロメディア製品の『DreamWeaver』などもインストールされる。現在最新版は「CS6」で何世代も前の製品だが当時は何万円もした製品。今でも十分な機能を発揮してくれるはずだ。そんなAdobe製品を公式に無料で使えるチャンスである。

ちなみに上記で配布されている動画編集ソフト『Premiere 2.0』はMac版が存在しない。『Adobe Premiere』はバージョン6.5を最後にMac版の開発を終了した。その後『Premiere』が『Premiere Pro』となりバージョン「CS3」で再度マックへ参入し復活。

Adobe® Creative Suite® 2 製品および Adobe® Acrobat® 7のアクティベーションサーバーに関するお知らせ

追記:2013/01/08 10:17

forbesおよびAdobe公式フォーラムによると「AdobeはCS2を無償提供していない」と書かれている。科学者Dov Isaacsによると「AdobeはCS2のアクティベーションサーバを停止するにあたり、特別なシリアルを製品ダウンロードページに提供した」としている。しかしAdobe社のウェブサイトにはシリアルの記載と製品へのダウンロードリンクが貼られており、ログインしなくても閲覧が可能となっている。
当然ユーザーはAdobe社に対して「何故公開したんだ」と突っ込んでいる。
http://www.forbes.com/sites/adriankingsleyhughes/2013/01/07/download-adobe-cs2-applications-for-free/
http://forums.adobe.com/message/4974662

追記:2013/01/08 14:28

アドビ システムズは本件について「Adobe Creative Suite 2製品およびAdobe Acrobat 7のアクティベーションサーバーに関するお知らせ」の件名で見解を発表しています。

Adobe Creative Suite 2製品およびAdobe Acrobat 7のアクティベーションサーバーに関するお知らせ
http://www.adobe.com/jp/aboutadobe/pressroom/pressreleases/20130108_cs2_downloads.html

2012年12月13日、アドビ システムズでは技術的な理由によりAdobe(R) Creative Suite(R) 2製品およびAdobe Acrobat(R) 7のアクティベーションサーバーを停止いたしました。
これらの製品は、7年以上前にリリースされたものであり、現在多くの方に利用されている主要なオペレーティングシステムでは動作いたしません。 しかしながら、旧来のオペレーティングシステム上で継続してCS2製品およびAcrobat 7を利用されるお客様に引き続きご利用いただけるよう、CS2およびAcrobat 7の正規ライセンスを所有されているお客様を対象として、アクティベーションサーバーを介在しないソフトウェアをアドビ システムズより直接提供させて頂いています。

弊社が不特定多数の皆様に対して無償でソフトウェアを提供することが目的ではございません。本措置は既存の正規ライセンスを所有されているお客様の利便性を損なわないための顧客支援の一環の措置であり、正規ライセンスを所有されていないお客様のご利用はライセンス違反となり得る旨、ご理解の上ご利用いただけますようお願い申し上げます。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP