ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『キムチ梅茶漬け』を実食してみた【格差の食卓:第18回】

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

集英社インターナショナルの『2ちゃんねる』スレッドまとめ本『格差の食卓(かくさのしょくたく)』から、気になるものを作ってみるこの企画。今回は『キムチ梅茶漬け』です。みなさんは前日に飲みすぎて、自分がまるでゾンビのようになっている朝(というかほぼ昼)を迎えたことがありますか? 私はあります。よくあります。今回の一品はそんな朝(というかほぼ昼)にオススメな料理です。あいまいになっている前夜の記憶をたどりながら食べましょう。

材料
・ごはん (1杯)
・キムチ (適量)
・お茶漬けの素 (1袋) ※梅茶漬けがない場合は普通のお茶漬けの素に梅こんぶ茶
・ウーロン茶 (適量)

作ってみましょう
・器にごはんを盛り、お茶漬けの素をかけます。

・キムチをのせます。

・ウーロン茶をかけて、できあがりです。

■実食
「お、これはさっぱりして二日酔いでも食べられる」
「やっぱり、お茶漬けの素は梅がいいね」

お茶は冷たい方がおいしいです。氷を入れるとなおGOOD! 今回は一般的な“お茶漬けの素”と“梅こんぶ茶”を用意して、梅入りと梅なしを比較しました。結果は、梅入りの方が断然おいしかったです。お茶漬けの素を選ぶときは梅にするといいでしょう。キムチを食べるのが「厳しい」というほどに二日酔いの方は、レシピで一緒に紹介されていたワサビ茶漬け(キムチの代わりにチューブのワサビを入れる)にするとよろしいかと思います。

■採点
今回は   ★★★★☆ おいしい

★★★★★ 激ウマッ!
★★★★☆ おいしい
★★★☆☆ 普通
★★☆☆☆ イマイチ
★☆☆☆☆ おいしくない
☆☆☆☆☆ 激マズ

二日酔いなので、採点が甘いかもしれません。でも二日酔いで食べれば、この気持ちを分かっていただけるはずです。

『格差の食卓(かくさのしょくたく)』
著者:2ちゃんねる
編者:激安・節約レシピ人民委員会
発行所:株式会社集英社インターナショナル

■関連記事
『鯖の胡椒(こしょう)風味』を実食してみた【第17回】
『もやしとにらのそぼろ和え』を実食してみた【第16回】
『ピーマンといんげんの胡麻(ごま)和え』を実食してみた【第15回】

020の記事一覧をみる ▶

記者:

TwitterID: miho020

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP