体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「私だったらイヤ」から一歩抜け出すことへの気づき。

生活・趣味
「私だったらイヤ」から一歩抜け出すことへの気づき。

今回はRuccaさんのブログ『ルッカ*ルシカ ブログ』からご寄稿いただきました。

「私だったらイヤ」から一歩抜け出すことへの気づき。

今日はこちらの記事を拝見して、いろいろ思うことがありました。内容はユニクロのセール車内広告デザインの、まるでスーパーのチラシのようなダサさ(下記写真参照)への批判に対しての記事です。

「人のデザインを私たちはどう評価し学ぶべきか」 2012年12月03日 『Hideki Akiba Private Blog』
http://akibahideki.com/blog/cat5/post-23.html

「私だったらイヤ」から一歩抜け出すことへの気づき。

先日ユニクロの電車内中吊り広告や新聞広告のデザインが話題になりました。
文字だらけのレイアウト、赤をベース、黒と黄色という昔のスーパーのチラシ風のテイストで、「不快感しか感じられない」「センスを疑う」といった、どちらかというと批判的な意見のほうが目立ったようにも思えます。
またそんな声の主が、デザイン関係あるいはライターなど、私と近い業界にいる人の声が多かったことも気になりました。

人のデザインを私たちはどう評価し学ぶべきか | 秋葉秀樹個人ブログ より写真と本文を引用

「人のデザインを私たちはどう評価し学ぶべきか」 2012年12月03日 『Hideki Akiba Private Blog』
http://akibahideki.com/blog/cat5/post-23.html

『Hideki Akiba Private Blog』
http://akibahideki.com/blog/

はじめに…私は専門学校を卒業して約5年グラフィックデザイナーや文房具の商品プランナーをしたのち、アパレル会社に転職して13年売り場で働いて、そのあとまたDTP&webデザインの勉強をして、家電量販店の販促ツールデザイナーから再びはじめるようになり、フリーになって現在に至っています。

最初のデザイナー時代は小売の販促広告をつくる仕事が多かったので、転職後売り場勤務になっても、「自分は広告の経験者なのよ」と店のPOPや載せてもらう広告などに口を挟むことが多かったです(←けっこうヤな奴)

ある年異動になり、店長として某老舗百貨店の中のショップに行く事になりました。

異動先の店舗はその百貨店内でも売上が良かったため、毎回セールの時に百貨店側も協力してくれていて、ウチの店だけのセールハガキを出してくれることになってました。

ただ、百貨店が出すそのハガキは、官製はがきにテキストだけのモノクロで、しかも輪転機印刷だから刷りもキレイじゃない、なんというか・・・地味というより「ダサい」のです。同窓会のハガキのような感じ。

1 2 3 4次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会